【クラフトビールフェス】ポートランド開催『第28回 Oregon Brewers Festival』

July 22, 2015493 View

 

アメリカドライブ旅行中に、オレゴン州の州都・ポートランド(Portland)に一週間滞在し、そこで開催されたクラフトビールのお祭り『第28回オレゴン・ブリュワーズ・フェスティバル(Oregon Brewers Festival)』に参加してきました。

 

毎年7月最後の週末を含む5日間開催され、私たちが参加した2015年の開催期間は7月22〜26日。
90以上もの北米からのブリュワリーが出店し、8万人以上のビール愛好家が集まる、歴史あるクラフトビールの祭典はもちろんめっちゃ楽しかったです。私たちもビール愛好家としてもっと頑張んなきゃ。笑

 

クラフトビールを飲むまで。

オレゴン・ブリュワーズ・フェスティバルの会場は「Tom McCall Waterfront Park」です。

 

会場に到着すると、年齢確認の為のIDチェクがあるので、パスポートは忘れずに持参しましょう。

21歳以上であれば、リストバンドと、出店しているすべてのクラフトビールが掲載されたガイドブックをもらう事が出来ます。(アメリカ合衆国での飲酒は21歳以上。)

 

ガイドブックの中には、ブリュワリーの説明のほか、提供しているクラフトビールに関しての詳しい説明があります。

私たちは、ビールに関しての解説(写真右)の一番右欄に記載されている味の詳細、Style(スタイル)、ABV(アルコール度数)、IBU(苦さ)、Hoppiness(ホップっぽさ)を参考にしていました。

 

・OG(Original Gravity)-初期比重 *比重=麦汁に含まれる糖の量の比率

・FG(Final Gravity)-最終比重

・ABV(Alcohol By Volume )-アルコール度数
・IBU(International Bitterness Units)-国際苦味単位

 

私たちが、無視していた「OG」と、「FG」はこういう事らしい。知らなかったw

 

発酵前の麦汁に含まれる糖を酵母が食べて、アルコールと二酸化炭素を生み出します。 よって、初期比重の値より最終比重の方が絶対に低くなり、どれだけ低くなったかによってアルコールに変化した割合が分ります。 初期比重が高くないと高アルコールビールは作りにくいのです。

ホップによる苦みは甘みによって相殺されて感じます。よって、最終比重の高いもの(=糖がたくさん残っているもの)はホップを大量に効かせてもIBUの値ほど苦く感じません。

出典:http://www.ohtsuki-saketen.com/column/beerterm5.html

 

オレゴン・ブリュワーズ・フェスティバルでは入場料等はありませんが、ビールを飲むためには、最初に専用グラス(Festival Glass)を7USDで購入する必要があります。

あとは必要に応じた分の、コルクで出来たトークンの購入もします。1トークンが1USD。

 

ずらりと並んだブリュワリーから、このトークンでクラフトビールを購入します。

 

1トークンだとサンプル分の150ml、4トークンでグラスを満杯にしてもらえます。

 

会場の雰囲気。

 

会場は2つのエリアに分かれていて、北米からは90、海外からは20前後のブリュワリーが出店しています。

 

クラフトビールは大きなトレーラーで運ばれてきていて、もちろん全部生ビールです。

 

飲み終わったグラスは、味が混ざらないように「GLASS RINSE WATER」と書いてある蛇口で自分で濯ぎます。

 

ビールジョッキの販売の出店や、ローカルバンドによるライブなんかもあります。

 

Oregon Brewers Festivalのロゴの周りを飾るのは、本物のホップ、かっこいい、、

 

ビールタンクのコスプレと、「BEER」と書いてある靴下!

立ち飲みスペースのほか、川沿いにはベンチもあります。もちろん仮設トイレもたくさんありました。

 

5日間で訪れる人の数は8万人、夕方には混んでくるし、結構な酔っ払いも出現します。私たちが行った2日間はどちらも平日だったけど、週末は大変なことになりそう。

 

オレゴン・ブリュワーズ・フェスティバルの公式ページはこちら。

http://www.oregonbrewfest.com/

 

飲んだビールたち。

2日間で試せたビールは、約30種類。

 

ガイドブックに自分達なりの点数やコメントをつけて、お気に入りのビールは4トークン(4USD)支払って満杯にしてもらいました。

 

70近いブリュワリーを持ち、人口に対するブリュワリーの数が北米一と言われている、ポートランドで開催されたクラフトビールの祭典は伊達じゃありませんでした。

 

夫:Vimeoにトレイラーありましたw

 

夫:どれがどの写真だか分からなくなっちゃいましたが、以下に飲んだビールまとめてみました。

 

『Black Bear Stout』 – Alameda Brewing Co. (Export-Style Stout)

『Matzobrau』 – Ambacht Brewing (Belgian Dark Wheat)

『Hop in the ‘Pool Helles』 – Base Camp Brewing Co. (Session Beer)

『Kermit the Hop』 – Bison Organic Beer (Imperial Indian Pale Ale)

『Smoked Berliner Weiss』 – Burnside Brewing Co. (Experimental Beer)

『Frite Gaulois』 – Cascade Brewing (Wood and Barrel-Aged Sour Beer)

『Red Betty Imperial IPA』 – Central City Brewers & Distillers (Imperial Indian Pale Ale)

『Valley Vanilla Pale Ale』 – Collaborator (American-Style Pale Ale)

『Aurora Crimson Saison』 – Ecliptic Brewing (French & Belgian-Style Saison)

『Strawberry Cream Ale』 – Fearless Brewing Co. (American-Style Cream Ale)

『Fish In A Barrel』 – Fish Brewing Co. (Wood and Barrel-Aged Beer)

『Big Green』 – Flat Tail Brewing Co. (Specialty Beer)

『Aberrant』 – Logsdon Farmhouse Ales (Belgian-Style Pale Strong Ale)←飲んだ中で一番美味しかった!

『20th Anniversary IPA』 – Lucky Labrador Brewing (American-Style India Pale Ale)

『Rasplendent』 – Mazama Brewing Co. (Belgian-Style Fruit Beer)

『Hamber』 – Melvin Brewing (Hoppy Amber)

『Mosh Pit』 – No-Li Brewhouse (American-Style Fruit Beer)

『1-Up Mushroom Ale』 – Old Town Brewing (Experimental Beer)

『Free Radical Lager』 – Omission Beer (Gluten-free Beer)

『Honey Bunches of Oats』 – PINTS Urban Brewery (Specialty Beer)

『Huckleberry Wheat』 – Prodigal Son Brewery & Pub (Fruit Wheat Beer)

『Imperial Smoked Lager』 – Rogue Ales (Smoked Beer)

『Abbey Triple』 – Sprecher Brewery (Belgian-Style Tripel)

『Mississippi Red Dry Hopped Red』 – StormBreaker Brewing (American-Style Amber/Red Ale)

『Gypsy Tears』 – Viking Braggot Co. (Specialty Honey Beer)

 

ポートランドのマイクロブリュワリー。

実際に60万人程度の町で、70ものブリュワリーがあればフェスの時期じゃなくても、勝手にフェスが出来ちゃうくらい、いろんなビールを飲むことができます。

 

イメージとしては、宇都宮の餃子屋さん、くらいの感じでブリュワリーがあります。

 

私たちは2店舗しか入っていないけれど、どちらもフレッシュで美味しかった。

写真右:Hair of the dog brewing のクラフトビール(5USD)

写真左:The Commons Brewery のテイスティング4杯セット(9USD)

 

クラフトビール好きは是非、ポートランドへ!

 

ポートランドに1週間滞在した後は、レンタカー返却地のラスベガスに戻ります↓

【アメリカ西海岸レンタカー旅 13】ポートランドからラスベガスまで国道101号線をドライブ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS