アイスランド7日間レンタカー旅のダイジェストと、かかったお金

January 20, 2019333 View

2018年8月22〜29日の7日間、夫婦2人で小さな車を借りて、キャンプ場に宿泊しながらアイスランドを一周しました。

アイスランドは北海道よりも少し大きいくらいの面積なので、1週間というのは十分な時間ではなかったな。ただ、もっと行きたい場所や見たいものはあったけれど、全体2週間のアイスランドでのアウトドア生活で最後の方はなかなかにぐったりしてたのでこれ以上長くなくて良かったというのが本音です。

結局8月後半ではオーロラも見ることはできなかったし、またいつか出直すことにします!

7日間のアイスランドレンタカー旅

私たちは半時計回りで一周しました。数字の箇所が宿泊した場所で、レイキャビックの街を出発して、①が1泊目です。

1日目

初日はレイキャビック市内にあるレンタカー会社AVISで、12:00に予約していた車をピックアップ。
途中まではトレッキングの際にバスで通った道と同じルートですが、晴れているので全然印象が違います。真緑の山に赤と白のお家が映えてとても可愛らしい、そして背後に迫る山の頭には8月下旬だというのに万年雪があり、各所から大小様々の滝が流れ出しています。

初日はアイスランドの南部に並ぶ滝巡り。滝の裏側を歩けることで有名な滝Seljalandsfoss、とその隣の岩場の中にある滝Gljúfrabúiを見学し、さらに東へ。

この日に感動した滝はSkógafoss(スコゥガフォス)。駐車場からもう見えているけどかなり大きな滝、すぱっと切り立った崖から真下に落ちる形が潔がいいし、滝壺ではね返える水しぶきで虹がかかっているのも綺麗。

駐車場の奥はキャンプサイトになっているので宿泊することも可能、滝の上部まではトレイルもあり歩くことができます。

2日目

初日はVikにあるキャンプ場に宿泊し、2日目の早朝Reynisfjara Beachへ向かいました。目的はアイスランドの国鳥パフィンを見るため。
海辺に面した崖にはたくさんのパフィンが暮らしていて、餌となる小魚を取りに海へ急降下しては獲物をくわえて巣へと舞い戻ってきます。

小さなペンギンのようなパフィンは渡り鳥なのでアイスランドで見られるのは6月〜9月のみ。トレッキングでアイスランドの美しい大地をたくさん見てきた私たちにとって、このパフィンがレンタカー旅のハイライトでした。可愛すぎる。

その後Fjaðrárgljúfurを軽くハイキングし、Vatnajökulsþjóðgarður(ヴァトナヨークトル国立公園)内でも1時間ほど歩いてSvartifoss waterfall(スバルティフォス)を見に行きました。

あとは、有名な氷河湖Jökulsárlón(ヨークルスアゥルロゥン)で湖に浮かぶ氷河を見学。氷河は想像以上に大きかったですが、それよりも湖で泳ぐアシカが可愛らしかったな。

この日の観光はここまで、前もってチェックしていたキャンプ場へ。
氷河湖Jökulsárlón より東は一気に観光客の数が減り、切り立った険しい山と静かな海に挟まれた細い道を、入り組んだフィヨルドに沿って進むドライブがとても神秘的でした。

3日目

アイスランドの南東の端っこまでドライブしてきたので、3日目の午前中は北上し、まずはEgilsstaðirという街を目指します。

アメリカやカナダでのレンタカー旅で、こんなふうに大自然の中をドライブする機会は今まで何度もあったけれど、アイスランドのすごいところは、この国立公園のような大自然がそのままアイスランドという一つの国だということ。

数時間車を走らせれば次の街に到着し、先進国なのでそこは洗練された都会の街なんだけれど、街と街を結ぶ道路の周囲すべてがこんな国ってやっぱり類稀、自然が好きなら一度は旅するべき場所なんじゃないかな。

道中小さく名も無い滝(と言っても日本で言ったら華厳の滝より大きな)で何度か休憩をとってこの日のメインはオフロードをしばらく進んだ先にある、ヨーロッパ1の水量を誇るDettifoss。

北海道くらいの大きさの国のどこにこんな水資源があるのかと不思議になってしまう。

4日目

4日目はHverirという間欠泉、Grjótagjá Caveという洞窟の中にある温泉を見学してMývatn Nature Baths という名の大きな、そして入場料が5,000円(しかも予約が必要)と敷居高い屋外スパ施設を通り過ぎます。

頻繁に出くわす羊や馬の群、そして蚊柱で有名なMývatn(ミー湖)。

ミー湖周辺には大小たくさんの湖があるけれど、夏の終わりだったこの時期でも、水辺が近い場所では一瞬車から降りただけで蚊や小蝿に囲まれて景色を楽しむどころじゃありません。車内から見るととても美しい場所なのに、ゆっくり出来ないのは残念。

滝はすでにお腹いっぱいになりつつあるけれど、Goðafoss Waterfallをチラ見。

北部の大都市で、アイスランド第二の都市Akureyri(アークレイリ)を通り過ぎて、数日の寒さと長時間のドライブ疲れが蓄積していたのでこの日は早めにキャンプ場に入りました。

5日目

5日目はSnæfellsjökull National Parkのある西に突き出た半島に向かいました、が一番端っこまではたどり着けず。半島の最西端に向かうにつれ、道路は細くなるのに、大きくてオフロードもガンガン走りそうなキャンピングカーが何台も私たちの小さな車を追い抜いて行ったので、この半島も大自然という意味では魅力があるんでしょう。7日間の初アイスランドレンタカー旅的にはちょっと時間が足りませんでした。

でも素敵な場所で、青空のもとお昼ご飯食べられたから大丈夫です。

羊の群と、チャリダー。

この国はかなり頻繁に自転車で旅行している人を見かけました、数えてないけれど少なくとも1日に10人以上は。
海外でのチャリ旅は10年前から憧れていて、自転車と自転車用のカバンは随分前に買ったのにいまだ未経験で、30代のうちにはデビューしたいと密かに思っています。ただ車+キャンプ泊でも寒さと天候の変化で結構ハードだったアイスランド旅で、チャリダーを見かけると羨ましい気持ちよりも、私には無理かも、、という気持ちに(笑)。いやうそ、数年のうちに必ず!

この日は形が美しいことで有名なKirkjufell山を見に行きました。
Kirkjufell山は思ったよりも小さかったけれど、海に突き出るように存在し、シャープな円錐に近い山なのに見る角度によって違う山に見えるところがすごい、きっとフィヨルドの一部ということになるんだろうな。せっかくなので途中まで登ってみました。

6日目

6日目はレイキャビック市内から近く、アイスランド観光の定番でゴールデンサークルと呼ばれる、シンクヴェトリル国立公園・ゲイシールの間欠泉・グトルフォスの滝の3つを周りました。

シンクヴェトリル国立公園では、ギャオという名の大陸プレートの裂け目を見ることができます。
毎年、数cmずつ広がっているらしい北米大陸プレートと、ユーラシア大陸プレートの裂け目ではこのポーズがお決まりみたい(大雨と疲労でテンションがおかしいw)。その次はゲイシールの間欠泉。

朝からずっと天気が悪い一日で観光欲が低めだったのですが、最後に見に来たグトルフォスの滝はすごかったです。

ヨーロッパ1の水量を誇るDettifossよりも水量が多く感じるのは、強い雨のせいかな。

7日目

翌日にレイキャビックに車を返却すればレンタカー旅そしてアイスランド旅終了の、観光ラストのこの日は、大雨による疲れをリフレッシュしようと前日宿泊したSelfoss(セールフォス)から近い天然温泉Reykjadalur Hot Spring Thermal River にやってきました。

ここは小川そのものに温泉が湧き、数百メートルに渡って入浴ができるようになっています。更衣室もシャワーもない天然温泉なのでお金はかかりません。

温泉の温度は低くめで、小川なので浅く肩まで浸かるには寝転ぶ必要があったけれど、大勢の人が小川で寝転ぶさまは面白かったです、もちろんいい意味です。ただどれだけ入っても温まらないので、出るのが少し辛かった。

その後は早い時間から、レイキャビックに近いキャンプ場へ入り、アイスランド旅の打ち上げ。

翌日は1週間で汚れまくったレンタカーを洗車し、レイキャビック市内で返却。あとはバスで空港に向かい、2週間のアイスランド旅が終了です。

アイスランド大満喫!

アイスランドレンタカー旅でかかったお金

  • ・レンタカー費用 36,000円
  • ・ガソリン代 26,000円
  • ・キャンプ場代 19,000円
  • ・食費(酒代込み) 21,000円
  • ・洗濯機使用料 1,000円

7泊8日間のレンタカー旅でかかったお金はこんな感じで、合計103,000円でした。日割りすると2人で15,000円/日。私たちは宿泊は全てキャンプ場でのテント泊で、食事は全て自炊です。

ガソリン代は1リットルあたり230クローナ(230円)前後。

今回のヨーロッパ滞在中にアイスランドに行けるかなーと思い立って、最初に調べたのはドイツ近隣国からの航空券とレンタカーの費用です。
私がその際に調べた限りでは、ニュルンベルクーレイキャビックのGermania航空が最安で、片道16,000円/人でした。レンタカーの費用は当初検討していた8月中旬から1週間遅らせることで2万円ほど安くなり、現実味が出てきた感じ、そして最終的には、想定していたよりも安い金額でアイスランドを楽しむ事が出来ました。

次回は宿泊したキャンプ場をまとめる予定です。

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS