【オーストリアレンタカー旅 その2】スピード違反で罰金!湖水浴とリャマのいるキャンプ場

November 12, 201876 View

 

2018年7月27日〜8月8日、ミュンヘンを起点にオーストリアのチロル地方・アルプスを中心にレンタカーで旅をしました。(前回のブログ→【オーストリアレンタカー旅 その1】チロル地方ゼーフェルトハイキングと、ドイツのキャンプ場

 

この日は前日に歩いたゼーフェルトを素通りしてインスブルックを通過し、チロル地方をさらに東へドライブ。アルプスの麓の湖で湖水浴をし、リャマのいるキャンプ場に宿泊したんだけど、そんなことよりも海外ではじめて交通ルール違反で捕まってしまったー!

 

オーストリアの高速道路用ステッカーを購入したりもしたので、私たちなりにオーストリアレンタカー旅で学んだことの備忘録。

 

オーストリア高速道路ステッカー

ヨーロッパでレンタカーと一括りに言っても別の国に行けば、もちろん国ごとの交通ルールがあって、高速道路の支払い方法も違います。

今までレンタカーで旅したことのあるEU圏で、例えばドイツは高速道路が無料だったし(2019年から有料になるみたい)、スペインやフランスやイタリアは日本と同様に走行距離に応じて料金所で支払いをしていました。そしてスイスやスロバキアや、今回のオーストリアは数日単位から一年と期間に応じた高速道路用ステッカーをフロントガラスに張っていれば、その期間中はいくらでも高速に乗ることが出来るというルールです。

 

のんびり小さな町を通り抜けて一般道をドライブする方が好きなので、今までは期間中乗り放題になる高速道路ステッカー(Vignetteと呼ばれているみたいです)は購入したことがなかったんですが、今回は主にオーストリアだけをレンタカー旅したので試しに購入してみました。

 

オーストリアの高速道路用ステッカーはキヨスクやガソリンスタンドで購入することが出来ます。私たちはドイツからオーストリの国境をまたいですぐにあるキヨスクで購入し、同じタイミングで数組の観光客が同じように高速道路ステッカーを購入していました。

私たちが購入した10日用(10 Tages Vignette)は9€(1,170円)。

他に2ヶ月用26.2€と、1年用87.3€があります。

 

料金は頻繁に変わるようなので、公式ページを参考にしてください。

公式HP:https://www.austria.info/us/basic-facts/getting-there-around/austria-by-car/toll-sticker

 

高速道路のすぐ傍に同じくらい整備された一般道があったり、途中にある小さな町に寄りたくなったりして、結果あまり高速道路を使う機会はなかったんですが、10日間乗り放題で9€なら安い!

ナビに従っていて間違えて高速道路に乗ってしまったとしても安心です。

 

スピード違反で捕まった!

せっかくステッカーも購入したし運転手としては高速道路で移動した方が楽だと思いますが、可愛らしい町並みを楽しみたいし、いい感じのパン屋さんやがあったら寄りたい(笑)ので時間的に余裕があるときは一般道をナビする助手席の私、夫よごめんw

 

そんな私の自分勝手で、超安全運転で今まで日本でも捕まったことのない夫が、オーストリアで初のスピード違反で捕まってしまったので、その時の状況をシェアしたいと思います。

 

ヨーロッパの国々では街に入る時にその街の名前の看板が立っていることが多いです。そして街の終わりには街の名前に赤い斜線の入った看板があって、街の終わりであることを示しています。

看板の写真が見つからなかったんですが、わかりますかね?

 

 

捕まったのは初めてなので他のヨーロッパの国がどういうルールかは調べていないんですが、オーストリアでは「街」であることを示す看板があってから、「街の終わり」である看板があるまでは、「時速50km制限」というルールがあったんです。

 

写真の右に写っているような看板があれば、ここは「制限時速80km」だなとわかるけれど、街中の制限時速50kmルールは特にこういった看板はないので、知っているかどうか、だけ。

 

先行車もなく空いた道だったので70km/hでドライブしていたら、警察が出てきて空きスペースに停車するように指示をされ、「グーテンターグ(こんにちわ)。どこの国から?今日はどちらまで?レンタカーだね、レンタカー用の書類を見せて、あとパスポートと免許証も。」からの、「スピード違反だよ。」と続き、最初はただのIDチェックかなと思っていたのでスピード違反してたことに驚いたけれど、この雰囲気はただの注意かな?と期待してたら、「20kmオーバーだから、罰金は35€。」!!

 

えー!でも意外と安い!!w

ということでその場でお支払い。

 

現金で支払いましたが、クレジットカード払いも可能なようでした。

なんだかやたらとにこやかでゆるい雰囲気だったので、これはまさかお小遣い稼ぎ?と一瞬疑ってしまったけれど、先進国なのでそんなわけはなくてきちんと支払い証明書も発行してくれました。

 

支払いが済むと「いい1日を!」と締めくくられてしまったので、「制限時速80kmだと勘違いしていたけれど、制限時速50kmの道であったことをどうやって判断すればいいのか」と尋ねたところ、そういうことらしいです。オーストリアでレンタカー旅をする人は気をつけてくださいね!

 

ドライブと湖水浴

オーストリアレンタカー旅3日目のこの日は、インスブルック(Innsbruck)を抜けて東へ進みました。

 

車窓から猛々しいアルプスを眺めて、

 

いくつもの小さい街を走り抜けます。

お店だけでなくて普通のおうちでも溢れんばかりのお花がテラスを彩っているし、天を突き刺すように尖がった教会はおとぎ話みたいだし、白い壁に描かれたカラフルな絵柄も美しくて、こんなところに心根の悪い人は住めないだろうな。

 

このあたりのキャンプ場に宿泊しようと進んできたキッツビューエル(Kitzbuhel)周辺では、キャンプ場の受付が閉まっていたり、予算オーバーだったり、予約で一杯だったりとキャンプ場探しで難航。

5軒目くらいでやっと宿泊できるキャンプ場を見つけてテントを張ったあと、あまりの暑さに湖に泳ぎにいくことにしました。

 

この日初めて泳ぎに行ったオーストリアの湖は、ヒンターシュタイナー湖(Hintersteinersee)。

 

 

駐車場からすぐのスペースは有料の湖水浴場になっていました。

 

ちょっと奥まで入っていくと人の少ない静かなエリアになり、ここなら無料で泳げることができそう。

みんな思い思いにピクニックシートを広げ、本を読んだり、ヨガをしたり、家族やわんこと戯れたりしています。

 

私たちも入水、気持ちいいいー。

 

今回滞在した南ドイツ・バイエルン州とオーストリアでは、たくさんの湖を通り過ぎてそのうちいくつかの湖で泳いだけど、このエリアに夏に行くなら湖水浴、すごくいいですよー。そしてドイツの湖より山側にあるオーストリアの湖のがいい。

大自然を感じられるし、そんなに人も多くなくて静かだし、のんびりとリフレッシュ出来ます。

 

チロルのキャンプ場「Campingwelt Brixen」

この日はチロルのど真ん中にあるキャンプ場「Campingwelt Brixen」に宿泊。料金は大人二人で35€/泊。区画整備のされた清潔な、そして小さめのキャンプ場でした。

 

 

Campingwelt Brixen

住所:Badhausweg 9, 6364 Brixen im Thale, オーストリア

公式HP:http://www.camping-brixen.at/

 

湖で泳いでキャンプ場に戻ってきた後は洗濯、もう夕暮れ時が近いけれどここは手洗い洗濯用のシンクがあったのでしっかり洗わせてもらいました。

 

テントを張った隣のスペースではリャマが飼われていました。ゆるい 笑。

 

そしてその奥の牧草地では、オーストリアでは何度も目にした夕方や早朝の涼しい時に行われる、家族総出で刈り取った芝生を撒く作業中。

小さい子や若い子がよくこの作業をしているのを見かけたんだけど、子供のお手伝い的な作業なのかな。家畜用の餌になるように撒いているんだと思うんだけど、役割分担というかお手伝い感がほのぼのとしていて、この作業を見るのが好きでした。

 

夕飯は、ドイツやオーストリアのスーパーマーケットでよく売られているジャガイモとお肉の大きなお団子。

 

翌朝。

毎日とてもいい天気で気持ちがいい。

 

このキャンプ場をあとにして、次はオーストリアの最高峰・グロースグロックナー山(Mt.Großglockner/標高3,798m)の麓に向かいます。そして見つけたお気に入りのキャンプ場、多分だけどキャンプ場連泊数、人生最長の6連泊!w

【オーストリアレンタカー旅 その3】最高峰グロースグロックナー山の素敵なオートキャンプ場

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS