ブダペストで温泉行くならセーチェニよりも、マルギット島にあるここがおすすめ。

July 02, 20161,823 View

unadjustednonraw_thumb_12c2f

 

国会議事堂や、鎖橋、漁夫の砦などの歴史ある美しい建物がたくさんある大観光都市ブダペスト(Budapest)、そんなブダペストのアパートメントに1週間ちょっと滞在した際の、マイナーだけど、オススメの場所です。

温泉に行くなら、セーチェニ温泉よりもここがオススメ。

せっかく温泉のあるブダペストに来たのだから、温泉に入りたい!

 

私は10年以上前にブダペストを訪れたとき、セーチェニ温泉(Széchenyi Thermal Bath)に行ったことがあってその時はすごく楽しかったので、今回もセーチェニに行こうかなと思っていました。でも、レビューを見てみると、あまり清潔ではなさそうだし、思った以上に料金が高い。(5,400フォリントなので、日本円にして一人2,000円以上。)

 

なんだか、もろ観光客向けだなあ、と思い地元の人たちが行ってそうな温泉を探しました。

 

結果行ったのは、温泉というより、温泉プール。

ドナウ川に浮かぶマルギット島(Margit-sziget)にある、『Palatinus Strandfürdő』に行ってみました。

 

温泉プール『Palatinus Strandfürdő』

unadjustednonraw_thumb_12991 unadjustednonraw_thumb_12998

新しい施設ですっごく綺麗で、近代的です。

プールから噴水が吹き出たり、温泉プールも時間帯によってジャグジーが出てきたり、流れるプールになったり。

 

入場料

値段もセーチェニ温泉の半額の、2,800フォリント(約1,000円)。16:00以降に入場する場合は、大人一人2,100フォリント(約800円)でした。

 

ロッカー

入場の際に渡されるリストバンドに埋め込んである磁気で開け閉め可能なロッカーが各所に設置されています。

 

ウォータースライダー

unadjustednonraw_thumb_12996

写真左の紫色のチューブがオススメ。緩やかなので速さはでないですが、中が光る設計になっていて、(超盛って言うと)ディズニーランドのスペースマウンテンみたいに、宇宙空間をワープしてる気分を味わえます。もちろん別料金はかかりません。

 

波の出るプール

今は波が出ていませんが、波が出ているときは、殺人的大きさの波!

unadjustednonraw_thumb_12997

写真の奥から波が発生するのですが、前の方に行ってしまったら、足はつかないし、つかまるところもないし、絶え間なくくる大きな波に、パニックになりました。笑。背が低い方や泳ぎが得意じゃない方は入らない方がいいです。ちなみに、波が出る時間になると園内放送が流れます。30分に一度くらい。みんなそれを聞くと、このプールに走って向かうので、なんだか笑ってしまいます。

 

写真の通り、『中世』という感じは全くしないし、『東欧』感もありませんが、私たち的にはまた行きたいくらいオススメ。笑。

 

場所はここです。

 

公式サイトはこちら。

Palatinus Strandfürdő

 

また、マルギット島は、「エクササイズが出来る島」になっているようで、外周5kmのジョギングコースがあり、ランナーがすごく多いです。

unadjustednonraw_thumb_12956

筋トレが出来る機会なんかもたくさんありました。もちろん、散歩やピクニック、昼寝なんかをしに行くにも楽しい島です。噴水や小さな遺跡跡、花園なんかもあります。

 

セーチェニ温泉のある、ヴァーロシュリゲット公園はオススメ。

セーチェニ温泉のある、ヴァーロシュリゲット公園(City Park Városliget)はブダペスト中心地からはちょっと遠いかもしれませんが、広くて気持ちがよく、お散歩やジョギングに最適です。美術館や動物園なんかもあり、とっても広い。イベントも色々行われています。

 

Vajdahunyad Castle があるエリア。unadjustednonraw_thumb_1291c

 

ボートに乗ることもできます。

unadjustednonraw_thumb_12918

 

ビアガーデンのようになっているスペースも。すごい賑わいです。

unadjustednonraw_thumb_12939

※後述のチェコビールフェスティバルとは全然関係ありません。

 

日曜の朝には蚤の市が開かれていました。入場料150フォリント(50円)。

unadjustednonraw_thumb_1296d

 

私たちが滞在していたときは、チェコビールフェスティバル(2016年は6月24日〜7月3日に開催)が開かれていました。

unadjustednonraw_thumb_12ca2 unadjustednonraw_thumb_12ca5 unadjustednonraw_thumb_12942

30くらいのチェコのクラフトビールのお店が出店しています。クラフトビールの種類は100種類くらいあったんじゃないかな。1杯800フォリント(約300円)くらいするので、街中では300フォリント(約100円)くらいで生ビールを飲めるハンガリーの物価から考えると割高ですが、いろんな種類があるので、1、2杯飲むには楽しかったです。チェコの名物料理のお店も出てました。

 

ブダペストのチェコビールフェスティバル公式ページ

 

ブダペストから日帰りできる可愛らしい街、センテンドレ。

ブダペストから、15kmほどドナウ川沿いを北上したところに位置する、センテンドレ(Szentendre)。多くの博物館や画廊があり、芸術家もたくさん住んでいることで知られているようです。

 

街の景観の可愛らしさでも有名です。

unadjustednonraw_thumb_12cc8 unadjustednonraw_thumb_12ccb

 

ブダペストからは、電車でもバスでも行けます。私たちは電車で行きました。

 

行き方は、まず地下鉄2号線のBatthyany terという駅に向かいます。そこで5号線というブダペスト近郊電車に乗り換えて、約40分。料金は料金は一人310フォリント(120円)。電車は一時間に、2〜3本あります。

 

こぢんまりした小さな街なので、1時間くらい散歩すると一通り歩けてしまいます。私たちは到着が夕方になってしまって、お店がどんどんしまってしまい、買い物はできませんでしたが、可愛らしい洋服屋さんやお土産やさんも多そうだったので、早めに到着し、3時間くらいは時間をみといたほうがいいんじゃないかな。

 

日本食材屋さんもあります。

unadjustednonraw_thumb_12c28

写真はTOKYO PLAZA。韓国の方がオーナーでしたが、日本食材も豊富にありました。

 

こちらのサイトを参考にしました。
一番アクセスがいい、Aziaは大きなお店でしたが、値段が高い印象。

 

久々に、納豆やトンカツソース、めんつゆやお蕎麦なんかも買えちゃったので、借りているアパートで、日本食を楽しみました。

unadjustednonraw_thumb_12c34

韓国製のソースですが問題なく美味しい。

 

滞在していたアパートメント。

Airbnbで借りて、一日3,000円くらい。ロフトが寝室になっています。

unadjustednonraw_thumb_12bc3 unadjustednonraw_thumb_12bc4 unadjustednonraw_thumb_12bc5

 

ブダペストの中心だともう少し料金が高かったので、中心からは3kmほど離れてます。

メトロの乗り放題一週間チケット(1人4,950フォリント、約2,000円)も購入していたので、遠いのはそんなに気になりませんでした。ヴァーロシュリゲット公園が近くてかえって良かったかも。
部屋を探すときには、場所と料金のバランスも大切。日程に余裕があるのなら、あんまり賑やかな中心街よりも、少し郊外の、公園が近いアパートメントを選ぶことが多いです。

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS