【アメリカ西海岸レンタカー旅 1】ラスベガスからデスバレー、そしてヨセミテCAMP4へ。

June 19, 2015925 View

 

グランドサークルでのレンタカー旅のあと、1週間ラスベガスで休憩をし、再度レンタカーをしました。

今回のレンタカー期間は38日間。

 

目的地は国立公園巡りの他に、野外音楽フェス『High Sierra Music Festival 2015』と、ポートランドでのクラフトビールの祭典『Oregon Brewers Fes』と、都市型音楽フェス『2015 Pabst Blue Ribbon Festival』。

 

西海岸でのレンタカー旅で訪れた国立公園は、デスバレー国立公園、ヨセミテ国立公園、キングスキャニオン国立公園、セコイア国立公園、グランドティトン国立公園、イエローストーン国立公園。

 

まずはラスベガスから、デスバレー国立公園を通過して、ヨセミテ国立公園を目指しました。

 

ラスベガス〜デスバレーへ。

グランドサークルの時と同じレンタカー会社で、正午に今回の車をピックアップし、まず目指したのは、ラスベガスの西、200kmに位置するデスバレー国立公園です。

 

ヨセミテ国立公園までの総距離は600km。途中で1泊して、2日間でヨセミテ国立公園に到着することも可能でしたが、私たちはヨセミテでのキャンプ場を予約していなくて、当日早いもの勝ちのキャンプ場「CAMP4」に宿泊するつもりでした。

 

なので、1泊目は、デス・バレー国立公園付近でキャンプをし、2泊目になるべくヨセミテ付近でキャンプをして、翌朝早朝にヨセミテ到着、という予定でヨセミテ国立公園に向かうことにしました。

 

ラスベガスを出発し、西へ。あっという間に建物はなくなり、黒っぽい砂で出来た砂漠のような光景になりました。

 

およそ2時間で、デスバレー国立公園に到着です。

 

デスバレー国立公園は、長野県と同じくらいの大きさでアメリカの国立公園の中では最大の大きさらしい。海抜0m以下の場所も多く、いろんな場所に海抜表記がありました。

 

ここは東にあるエントランスから入り、最初にあった展望台。車から降りると熱風が吹いていました。確かにすごい景色ではあるけれど、外にいるには気温が高すぎる。

 

慌てて車に戻り、さらに西に進みます。

 

次の展望台は、駐車場から300mくらい歩かなくちゃならなかったんだけど、たった20〜30分でも車外にいるのがきつい、、

 

展望台からは、不思議な形の波を打った土地が遠くまで続いているのが見えました。

 

デスバレーっていう名前は、ゴールドラッシュ真っ只中の1849年に金鉱エリアに向かっていたグループが近道をしようとして道に迷って、数週間道に迷った末にグループのうち数人が命を落としたことからその名前がついたんだって。

その後は特に死者は出ていないらしいけれど、死なないにしても、真夏の昼間のデスバレーは死の危険を感じるくらいには暑いです。

 

国立公園内の小さなオアシスには、ホテルやレストランもあるし、テントサイトも数カ所あります。

到着するまではデスバレー内に泊まろうかな、と思ったりもしてたんだけど、とてもじゃないけどまだ日の高いこの時間帯に長く外にいたらやばそうなので、デスバレー国立公園から出てからキャンプ場を探すことにしました。

 

大きくはないけれど、白砂の綺麗な砂漠。

 

車体やエンジンが熱くなりすぎたのが原因だと思うんだけど、複数の車の警告灯が点灯してどきどきしましたが、2時間ほどで死の谷「デスバレー」を脱出しました。

 

この日は、オーエンズ湖(Owens Lake)の少し北に進んだところにある、小さな湖のほとりにあるDiaz Lake Campgroundに宿泊しました。

 

キャンプ場の公式ページはこちらです。

 

宿泊費は14USD。湖で遊んだ人用に、水シャワーが設置されていたので、夕方に、水着を着て水シャワーを浴びたけれど、それでもまだ全然大丈夫なくらいに外は暑い。

 

蚊と戦いながら夕飯を済ませ、この日の夜はフライシートを外した状態のテントで寝ましたが、夜は意外と寒くって、二人揃って少し風邪をひいてしまいました。

 

デスバレー〜ヨセミテへ。

次の日は土曜日。週末をキャンプ場で過ごすために、たくさんのグループが朝早くからキャンプ場に到着していました。

 

夜は蚊が多くて大変だったけれど、朝は日差しが強いのにあまり日陰がなくて、ゆっくりご飯を食べて入られません。早く標高の高いところに行きたいな。

 

素早く朝ごはんと片付けを済ませて、「地球の歩き方」が景勝ルートとしてお勧めしている、395号線を北上します。進行方向左手に、シエラネバダ山脈(ハイシエラ)が見えてきました。

 

どれかはよくはわからないけれど、このあたりにシエラネバダ山脈最高峰、そしてアメリカ合州国本土でも一番高いホイットニー山(標高4,418m)があるはず。

 

ホイットニー山への登山の人数制限は1日100人で、5月〜10月の入山予約はその年の2月に応募が締め切られて、4月に抽選が行われるんだって。アメリカのトレイルはパーミットが必要なところが本当に多くて、滞在日数が限られている旅行者には敷居が高いなあ、、それを考えると、思い立ったらすぐに行ける、人数制限のない日本の山はいいのかも。その分混むし、事故やいろんな問題も起こるけど。

 

 

北上するにつれて、緑が増えてきました。

 

せっかく時間にも余裕があるので395号線からそれて、ハイシエラの麓のいくつかの湖のあるエリアを寄り道してみることに。

 

湖の周辺にはキャンプ場やハイキングコースがあり、みんな釣り具やカヌーを持って大自然の中での週末を楽しんでいます。

 

私たちも、休憩ついでにホットドッグでお昼ご飯。

 

国立公園もいいけど、時間がたっくさんあるなら、こういうのんびりした場所でのキャンプもいいな。

 

さらに北に車を走らせると、遠くの山の頂上には雪が見えてきました。今朝まであんなに暑かったのに。

 

途中の少し大きめの町ビショップ(Bishop)では、スーパーマーケットで食料を買い出したり、ガソリン入れたり、ATMでお金下ろしたりして、15:00頃にはヨセミテ国立公園のエントランスに到着。

 

でも、予想通り公園内のすべてのキャンプ場がフルだったので、少し戻った場所でキャンプ場を探しました。キャンプ場はたくさんあったけれど、水場のないキャンプ場が多く、全く水を運んでなかった私たちは結局オフロードを2kmくらい進んだ丘の上にあるキャンプ場に宿泊することにしました。

 

標高3,000mの場所にあるキャンプ場、昨日とはうって変わって激さむ。厚着をして、スープの夕飯です。

広々したサイトには、ピクニックテーブル、ベアボックス、焚き火台があります。シャワーはないけれど、水場はありました。料金は21USD。

 

翌朝は5:00に起きて、国立公園を目指します。すでに景色が好み過ぎる!ワクワクする!!

 

ヨセミテ国立公園、CAMP4。

ヨセミテ国立公園は3つのエリア、「Yosemite Vally」、「South of Yosemite Vally」、「North of Yosemite Vally」に分かれていて合計13個のキャンプ場があります。

White Wolf Campground なんかが、North of Yosemite Vally で、Wowona Campground は South of Yosemite Vally。

その中でも赤丸の「Yosemite Vally(ヨセミテ渓谷)」がヨセミテ国立公園の中心部で、そこにあるキャンプ場は全部で4ヶ所。

 

そのうちの3つは予約が可能で、かなり早い段階で予約が埋まってしまいます。

この日朝早くに起きて目指していたのは、予約不可で、早いもの勝ちのキャンプ場の『CAMP4』。

 

『CAMP4』は駐車場とキャンプサイトが別々で、キャンプ場への車の乗り入れは出来ません。

でも駐車場からキャンプサイトまでの距離は200メートルくらい。

 

キャンプ場の受付開始は8:00am。開始10分前に到着するとすでに50人くらいの行列ができていました。 

一番前の方の人は寝袋持参だったので、かなり早くから並んでいたんだと思う。

 

私たちも焦って列に加わります。

『CAMP4』のサイトは全部で35個ですが、サイトは1グループにつき1個ではなくて、複数のグループで使います。行列にかなりの人が並んでいたので、泊まれないかも、と思ったけれど、私たちの後に並んだ30人くらいも含めて、朝10:00くらいまでに並んだ人は全員受付してもらえました。

 

ただ、受付をしてもらうのに、2時間以上の時間がかかりました。

 

宿泊する日数分のお金を払い、テント用と車用のタグをもらいます。

料金は一人6USD/1泊。

 

今まで宿泊してきた国立公園の広々したサイトとは異なり、1サイトに4つくらいにテントが張られています。

ピクニックテーブルも、焚き火エリアも、ベアボックスもシェア。

 

他の国立公園と同様に、トイレと、飲料水はあります。 

シャワーはこのキャンプ場にはありませんが、ヨセミテ渓谷内の他のキャンプ場に行けば有料でシャワーも浴びることができます。wifiもキャンプ場内にはないですが、ヨセミテビレッジ(Yosemite Village)と呼ばれる、ヨセミテ渓谷内にある、売店、レストラン、郵便局、インフォメーションが固まっているエリアでは使うことができました。

 

実際に『CAMP4』に4泊してみて、観光ポイントや、トレイルヘッドへのアクセスもいいし、初めてヨセミテ国立公園に行くなら、混み合っているし受付が面倒だけれど『CAMP4』がいいと思うな。世界中から集まっているクライマーの方を見るのも刺激的で面白いです。

 

でももう一度ゆっくりヨセミテに行けるなら、静かそうな「North of Yosemite Vally」のキャンプ場に泊まるのもいいなと思います。

「South of Yosemite Vally」は車で通過しただけですが、もうヨセミテ内とは言えない場所なのでやめたほうがいいかも。

 

ヨセミテ内のキャンプ場の公式サイトはこちらです。

https://www.nps.gov/yose/planyourvisit/campgrounds.htm

 

アメリカ西海岸レンタカー旅 2 につづく↓

【アメリカ西海岸レンタカー旅 2】ヨセミテ滝トレイルと、エルキャピタンのクライマー。

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS