サンクリストバル、オススメのタコス屋とローカル食堂、あと青紫色のシナカンタン村。

April 12, 2015615 View

 

2015年4月上旬に1週間滞在した、チアバス州、サン・クリストバル・デ・ラス・カサスで食べたもの、美味しかったタコス屋さんと、ローカル食堂のご紹介。

 

あと、青紫色の民族衣装が印象的な、シナカンタン村にも行ってみました。

 

おすすめのタコス屋さん。

 

タコスはどこで食べても美味しいんだけれど、「TAQUERIA MEXICO LINDO」は、特に美味しかった、と思う。少なくとも、サン・クリストバル・デ・ラス・カサスで食べたタコス屋さんの中では、断トツ1位。

 

地元の人にも人気で、お肉の種類は8種類くらいあったとかな。料金は1個5〜10ペソ(40円〜80円)。タコスは2枚重ねになっているけれど、大食いでない私たちは、タコス1枚にお肉を半分こしていろんな種類を食べます。

付け合わせも、最適なもののみが、清潔な佇まいである感じが名店らしくていいです。

 

市場で食べたご飯と、市場の近くにある美味しいローカル食堂。

市場のご飯もまた、安くて美味しい。お気に入りのおばちゃんのお店はあるんだけど、市場は午前中に行かないとほとんどの食堂が閉まってしまうし、同じおばちゃんが毎日出店しているとは限らないみたい。

一皿35ペソ(280円)。

チョコレートをソースに使う、牛肉のモーレ・ネグロが美味しかった。

 

ビエホ市場側(Mercado Viejo)にある、食堂「El alebrije」も美味しくって、ボリューム満点。昼時は地元のお客さんでいっぱいになる名店です。

 

メニューの数が多くて、どれも美味しそうで悩む。一皿50ペソ(400円)。

夕方には閉まってしまう、昼間だけの食堂なので要注意です。

 

場所はここ。

 

クラフトビールが買える、「The Beer Company」。

The Beer Companyでは、種類は少ないけれど、サン・クリストバル・デ・ラス・カサスのクラフトビールを買えました。一本45ペソ(360円)したのでちょっと高級。

 

そんなにビールの種類のないメキシコ南部では、結構種類がある方だと思う。

 

青紫色の村、シナカンタン村。

サン・クリストバル・デ・ラス・カサスの周辺の村々には、美しい民族衣装を着た少数民族が住んでいて、定期市がたつ土曜と日曜の午前中には少数民族の方達が、住んでいる山から村へとおりてきます。

 

なので週末を楽しみにしていたのですが、土曜日の朝は日本とやりとりをしてから、ナチグ村へと出かけたら到着が昼になってしまい、すでに定期市は終わっていました。残念、、、(ナチグ村へは乗合タクシーで片道一人20ペソ。)

 

翌日の日曜日は、朝6:00に起きて、シナカンタン村へ。(片道一人18ペソ。)

 

よかった、こっちの定期市は見ることができました。

 

鮮やかな紫色の布に、とても丁寧な花の刺繍で、花の種類や、構図、色使いに個性が溢れていて、とても綺麗。

綺麗な青と紫を基調とした民族衣装だから、いつもはカラフルでごちゃごちゃした印象を受ける市場が、何か別のものを見ているかのよう。

 

中学生くらいの少女たちの花柄は、ひまわりなんかの派手なお花でそれも可愛い。

 

男性の衣装もまた、素敵です。

 

美的センスが違うのかな、豆もこんなに綺麗な様子で売られていました。

上に散っている、インゲン豆の可愛さ、、、!

豆料理はあまり作らないから、どう調理していいかわからないけれど、買いたくなっちゃいます。

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS