【エベレスト・トレッキング その7】カラパタールと、チュクン。

November 06, 2013730 View

unadjustednonraw_thumb_ef8d

 

2013年10月26日〜11月13日の18泊19日、ポーターやガイドは雇わずに、夫婦2人で、エベレスト街道をトレッキングしました。目的地は、ゴーキョピーク、チョラパス、カラパタール、チュクン・リ。

 

宿泊地のロブチェから、日帰りで三番目の目的地カラパタールへ。

翌日は、ローツェ南壁が間近に見えるポイント、チュクン・リに行くために、チュクンに宿泊します。

11日目、ロブチェから日帰りでカラパタール(5,550m)へ。

7:20にロブチェ(4,910m)を出発。宿で飼われている馬がかわいい。前髪w

unadjustednonraw_thumb_ef61

 

まずは、カラパタールの手前にある村、ゴラクシェプ(5,140m)を目指します。距離およそ4.5km。

 

トレイル前方にはプモリ(7,165m)が見えます。

標高は高いけれど、日当たりが良いせいか、トレイルに雪が全くありません。

unadjustednonraw_thumb_ef65

ゴツゴツと大きな岩が多いので、それを乗り越えて進みます。

 

途中には、エベレスト登頂中に亡くなった方々の記念碑があったりも。

unadjustednonraw_thumb_ef6b unadjustednonraw_thumb_ef68

 

トレイルには、なかなかたくさんの人がいます。さすがカラパタール。(カラパタールは、エベレストトレッキングで一番有名なエベレスト展望ポイントです。)

unadjustednonraw_thumb_ef69

 

クーンブ氷河が大きく見えてきました。

unadjustednonraw_thumb_ef73 unadjustednonraw_thumb_ef70

 

ロブチェから2時間ほどで、ゴラクシェプに到着しました。

プモリ(切れちゃってるけど)の手前に見える茶色の丘が私たちの目的地、カラパタール(5,550m)です。

unadjustednonraw_thumb_ef75

 

この辺まで来ると、周りを歩いているトレッカーはみんな苦しそう。

 私たちは、標高4,500m越えの場所を歩き回って、すでに4日目。完全に高度順応してしまっているので楽ちんです。

 

ゴラクシェプ(5,140m)から、カラパタール(5,550m)までは、約2時間の登り。標高差は400m。

unadjustednonraw_thumb_ef81

 

ヘリでカラパタールに乗り付けている、中国人観光客の方もいました。どのくらいの料金がかかるんだろ、、っていうかそんなことして楽しいのかな。笑

unadjustednonraw_thumb_ef80

 

登っている最中にも、徐々にエベレストの見えている面積が大きくなってきます。

unadjustednonraw_thumb_efb6

 

カラパタール頂上に到着!登っている人は多かったけれど、頂上が広いので人が多い感じはしません。

unadjustednonraw_thumb_efb9

 

ここまで来るとエベレストが本当に間近。

勝手に、あそこがサウスコルかな、ヒラリーステップは?なんて考えて興奮します。

unadjustednonraw_thumb_efbe

(山が大きすぎるせいか、すごく間近に感じられますが、直線距離では10kmも離れています。 )

 

プモリ(7,165m)も圧巻の近さ。

unadjustednonraw_thumb_ef91

カラパタールのすぐ後ろにあるプモリは、今から登山を開始出来そうな近さです。

 

遠くには、アマ・ダブラム!

unadjustednonraw_thumb_ef97

 

(ちょっと切れてるけど)ヌプツェ!

unadjustednonraw_thumb_efba

 

カラパタールからの、エベレストじゃない側の景色はこんな風になっていました。

unadjustednonraw_thumb_ef8c

 

興奮して頂上で1時間くらい歩き回っていたら、少し頭が痛くなってきてしまったので急いで下山します。

 

帰りはゴラクシェプで合流した宿のスタッフが、今朝見たあのかわいい馬に乗せてくれました。名前はイエティ。

unadjustednonraw_thumb_efa7 unadjustednonraw_thumb_efc4

歩くよりも、ずっとゆっくり。急な坂は怖がってなかなか進んでくれないし、たまにご機嫌とりのためにえさタイムもあったりして、時間はすごくかかります。

 

私は元気で歩けるから、馬にもスタッフの少年にも悪いなと思って、何度も降りようとしたけど、いいからいいからって結局ロブチェの宿まで乗せてもらってしまいました。

unadjustednonraw_thumb_efb1

 

時間はかかったけど、あの絶景の中馬で帰ってきたことも嬉しいし、少年の優しさや、イエティの可愛さですごく幸せな気持ちになりながらの夕飯。ヤクステーキ750NPR(750円)、ダルバート600NPR(600円)。

unadjustednonraw_thumb_efc6 unadjustednonraw_thumb_efc7

 

バッテリーチャージ(30分で150NPR)、トイレットペーパー(1個200NPR)の購入なんかもしました。 

12日目、ローツェ南壁を見るために、チュクン(4,730m)へ。

翌朝、チュクンに寄り道はする予定ですが、ひとまず「エベレストベースキャンプトレイル」を下山方向に進みます。

8:00にロブチェ(4,930m)を出発し、1時間でトゥクラ(4,620m)に到着。  unadjustednonraw_thumb_efe0

 

トゥクラにある食堂で朝ごはん。写真はありませんでしたが、夫の頼んだトマトチーズマカロニが、蛍光ピンクみたいな色でびっくり。何を使っているんだろ。笑

 

朝食後は、ディンボチェ方面に進みます。

エベレスト登山で亡くなった人のお墓が並んでいます。

unadjustednonraw_thumb_efe4 unadjustednonraw_thumb_efe8 unadjustednonraw_thumb_efe9

 

その後、早くチュクンのある東に向かおうとしすぎて、丘に登ってしまいました。

unadjustednonraw_thumb_efcb unadjustednonraw_thumb_efed

 

本当は下の方に見えている川辺を進めば楽だったのに、気がついたら川からはだいぶ離れたトレイルを歩いている、、

unadjustednonraw_thumb_efec

 

下の方に見えている集落が、ディンボチェ。丘の上には、トレイル街道中にもたまにある、ネパールの仏教施設がありました。

unadjustednonraw_thumb_eff5unadjustednonraw_thumb_efcf

 

ここから人が歩いた形跡のある細いトレイルを辿って、ディンボチェまで下ります。遠い、、

unadjustednonraw_thumb_efd2

トゥクラを出発し、1時間半でディンボチェ(4,350m)に到着です。 

 

ディンボチェは結構大きめの集落でしたが素通りし、チュクンまで川沿いの緩やかな登り坂のトレイルを歩きます。

間違えて丘を登ってしまったあたりで、トレイルを歩くことへの集中力が切れてしまって、歩いても歩いても前に進みません。

unadjustednonraw_thumb_eff8

 

 そんなに大変な道だったわけじゃないのに、ヘロヘロになってしまい、最後は夫にバックパックを持ってもらう始末。笑

 

なんとか、14:00にチュクン(4,730m)に到着。

チュクンは宿と民家が10軒程度ある、ディンボチェの半分くらいの大きさの小さな集落でした。

 

チュクンからは、遠くに美しいヒマラヤヒダが見えました。

unadjustednonraw_thumb_f03f unadjustednonraw_thumb_effc

 

チュクンの部屋代も、200NPR(200円)。

夕飯は値段も高くなくて美味しかった!卵チャーハン450NPR(450円)。

unadjustednonraw_thumb_f040

 

私たちは明日、ここからローツェ南壁が間近に見られる、チュクン・リに登ります。

 

もちろん雪山経験がないとだめだけど、素人でも比較的簡単に頂上を目指せるとされる、アイランドピーク(6,198m)を登るのにも拠点となる場所、チュクン。

夕方、食堂で休憩していると、外ではアイランドピークに登る方々が装備のチェックをしていました。いいなあ、、

次は、アイランドピークを目指せるようになってから、ここのトレッキングコースに戻ってこようと話しながら、まずは明日のチュクン・リへのアタックに備えます。

 

 エベレストトレッキング その8 につづく

【エベレスト・トレッキング その8】最終アタック、チュクンリと、ナムチェまでの下山

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS