【エベレスト・トレッキング その5】ゴーキョピークと、ギャチュンカンと、氷河越え。

November 02, 2013758 View

unadjustednonraw_thumb_ee15

 

2013年10月26日〜11月13日の18泊19日、ポーターやガイドは雇わずに、夫婦2人で、エベレスト街道をトレッキングしました。目的地は、ゴーキョピーク、チョラパス、カラパタール、チュクン・リ。

 

ルクラからトレッキングを開始して、7日目に1つ目の目的地ゴーキョに到着。翌日、2つ目の目的地チョラパスの手前、タンガまでを歩きます。

 

7日目、ゴーキョピーク。

ファンガ(4,500m)から、ゴーキョ(4,750m)へ。

朝食はカトマンズで買ったクッキーで簡単に済ませて、7:30にファンガを出発。ゴーキョの町までは、およそ5km。

unadjustednonraw_thumb_ee25

 

誰もいないトレイルで気持ちがいいし、雪がキラキラ光ってすごく綺麗。

unadjustednonraw_thumb_ee37

 

unadjustednonraw_thumb_ee32 unadjustednonraw_thumb_ee33

 

2時間ほどでゴーキョレイクが見えてきました。右奥にある青い屋根の集落が、ゴーキョです。すでに空の青さが異常。笑

unadjustednonraw_thumb_ee45

 

10:00、ゴーキョ(4,790m)に到着。

 

何軒かある宿の中から泊まるところを決めて、お昼ご飯を食べてから、部屋に荷物を置きゴーキョピーク(5,360m)を目指します。

 

ゴーキョピーク(5,360m)

ゴーキョの町から、ピークまでは標高差570m。急な上り坂です。

unadjustednonraw_thumb_ee46 unadjustednonraw_thumb_ee09

 

ゴーキョの町が小さくなっていきます。

unadjustednonraw_thumb_ee06

 

登りは、1時間半かかって、ピークに到着!

unadjustednonraw_thumb_ee52

 

ゴーキョピークは、エベレスト街道で一番楽しみにしていた場所でした。登っている最中はガスってて真っ白だったから、景色が見れるかドキドキしてたんだけど、晴れてよかったー。

登ってきた道を振り返ると大パノラマ。景色を見て涙がてたのは初めて。

unadjustednonraw_thumb_ee5f

 

世界最高峰エベレスト(8,848m)!とローツェ(8,516m)!

unadjustednonraw_thumb_ee64

 

ピークで、2時間ほど山の景色を楽しみます。

 

雄大で、優美で、静か。今もこの景色が、地球上に存在しているんだと思うだけで、嬉しい気持ちになります。本当に来れてよかったあ。

unadjustednonraw_thumb_ee66

カラパタールと並ぶ、エベレスト街道の有名スポットのはずなのに、人が多くないのも贅沢な気持ちになります。

 

いつまでも見ていたかったけれど、そろそろ下山しなければ。また、来れるといいな。

unadjustednonraw_thumb_ee7d

 

下山は一時間ほど。

写真わかりにくいですが、ネパールの国鳥、ダフェ。メスは地味。

unadjustednonraw_thumb_ee22

 

ゴーキョにも宿は数軒ありましたが、私たちが泊まったところはすっごい混んでました。夕方に到着して満室で断られたりしたら大変だから、ゴーキョへの到着は早めの方がいいかも。

 

夕飯も16:00に注文したのに、出てきたのは20:00。出てくるのにはすっごく時間がかかったけど、ここの食堂のメニューは、エベレスト街道一でした。

ヤクストロガノフ630NPR(630円)、ラザニア580NPR(580円)、地酒のチャンはグラスで100NPR。

unadjustednonraw_thumb_ee88 unadjustednonraw_thumb_ee87 unadjustednonraw_thumb_ee86

 

8日目、ゴーキョから、氷河を越えてチョラパス手前タンガへ。

ギャチュンカン(7,852m)とチョ・オユー(8,201m)

朝ごはんは歩きながらクッキーを食べることにして、部屋に荷物を置いたまま7:30に出発。

 

翌日はギャチュンカン(7,852m)とチョ・オユー(8,201m)を間近に見る事ができる第4レイクの展望ポイントまで歩いてみることにしました。

unadjustednonraw_thumb_ee98

当初は、エベレストの全貌が見えるという「ギャズンバ」という展望ポイントに行きたかったのだけれど、今は雪が多くて歩けないよ、とゴーキョの宿の方に言われてしまったので、とにかくギャチュンカンだけでも見に行こうと出発しましたが、トレイルは雪まみれ。

 

一時間ちょっと雪の中を歩いて、展望ポイントに到着です。

チョ・オユー(右)、ギャチュンカン(左)。神々しい。

unadjustednonraw_thumb_eea1 unadjustednonraw_thumb_eea0

トレッキング中は山野井泰史さんがギャチュンカンに登った時の話を書いた『凍』(著者:沢木耕太郎)と、『空へーエベレストの悲劇はなぜ起きたか INTO THIN AIR』(著者:ジョンクラカワー)の本を持っていっていました。エベレスト・トレッキング中に読むと感動もひとしお。

 

(『凍』の舞台、山野井夫妻がとてつもないクライミングを行ったのは北壁なので、この写真の反対側の壁です。)

 

 

帰り道、雪の結晶がきれい。

unadjustednonraw_thumb_eea5 unadjustednonraw_thumb_eea8

 

またダフェに遭遇しました。オスかな。

unadjustednonraw_thumb_eeab

チェックアウトは11:00だったので、荷物は部屋に残したまま。10:00には、宿泊していた宿に戻り、荷物をまとめて、宿の食堂でゆっくりお昼ごはん。

 

卵チャーハン550NPRと、ハンバーガ(フライドポテト、サラダ付)680NPR。ご飯の値段はちょっと高いけど、トレッキング中にハンバーガーが食べらるなんて嬉しい。

unadjustednonraw_thumb_eead unadjustednonraw_thumb_eeae

 

ゴーキョでの部屋代は200NPR(200円)でした。

 

氷河越え、そしてチョラパス手前のタンガへ。

私たちがゴーキョに到着する2、3日前は大雪のせいで閉鎖されていたチョラパス。

ゴーキョに到着するまで行けるかどうかわかりませんでしたが、宿の人に聞くと、この日峠は歩ける状態のようでした。

 

お昼ご飯を食べている時に、私たちの逆ルートでチョラパスを越えてきたという日本人女性の方に会い、「一歩足を滑らせたら死ぬと思うし、雪と氷がひどいからすぐに滑るよ。」という話を聞いてビビりましたが、行けないことはないんだな、少しでも危なさそうだったら引き返そう、と峠に向かう事にしました。

 

ゴーキョを出発してすぐが、この日一番怖かった。

急な上に凍ったトレイルで一回足を滑らせたら、数百メートルは落ちちゃうだろうなと思うような崖を登って行きます。下りだったらもっと怖かったと思うけれど、たくさんの地元のポーターさんたちが使っているトレイルで、足場もできていたし、ポーターさんが手を貸してくれたりして、距離800mほどに渡る崖をなんとか登りきる事ができました。余裕がなくて写真はないです(笑)。

 

ここからは、雪のトレイルを登ったり降ったりしながらの氷河越え。

unadjustednonraw_thumb_eeaf

 

そこはもう地球ではないみたいな景色でした。 unadjustednonraw_thumb_eeb7

 

ポーターさんたちなんて、40kgはあるだろう荷物も背負って、靴はただの運動靴。運動靴の上から、ロープをぐるぐる巻きにして、滑り止めにしています。不慣れな私たちに手を貸してくれたり、お菓子をくれたり、なんて優しいんだ!

unadjustednonraw_thumb_eeb1 unadjustednonraw_thumb_eeb6

 

道を間違えればクレバスに落ちてしまいます。

unadjustednonraw_thumb_eebd

 

人も多くないので、ケルンや雪についたトレイルを目印に進みます。

unadjustednonraw_thumb_eebbunadjustednonraw_thumb_eecc

 

人が住めない厳しい大自然なのに、優しくて美しい。

unadjustednonraw_thumb_eecd

私は、エベレスト街道中ゴーキョからタンガまでのトレイルが一番印象深く、感動しました。

 

ゴーキョ(4,750m)からタンガ(4,700m)までは3時間弱。

違う惑星のような景色に夢中になって、時間感覚のないまま、タンガに到着。

unadjustednonraw_thumb_eed1

 

宿の前にはソーラーエネルギーでお湯を沸かす装備が。やかんを置いている感じが可愛すぎる。笑

unadjustednonraw_thumb_eed3

 

タンガは、ゴーキョからきた人にとってはチョラパス越えの前に泊まる、カラパタールから来た人にとってはチョラパスを越えてから泊まる、ただ宿が2軒あるだけの場所。

 

僻地にありますが、50人くらいは収容できそうなわりと大き目の宿で、設備は外水道とトイレのみ。廊下が少しトイレくさかったw。宿代はいつも通り200NPR(200円)。

 

トレッキング街道中の部屋はどこも同じようで、ベットが2台置いてあるだけのシンプルな作りです。私たちはこの上に、持参の寝袋で寝ていますが、寝袋を持って来ていないトレッカーもいます。その時はエキストラ毛布が借りれるようだけど、寝袋なしはきついんじゃないかなあ。

unadjustednonraw_thumb_eef2

 

夕飯は定番のダルバート650NPR(650円)。ミルクティSポッドもここでは500NPR(500円)もします。でも野菜たくさんで美味しかった!

unadjustednonraw_thumb_eed5

 

この日の夜は信じられないくらいの星が見えました。寒いからちょっとしか外にいられないんだけど、もう本当に気持ち悪いくらい。

今日も標高5,000m近い場所なので、地上よりも宇宙の方が近いのかも、、そんなことはないかな。笑

 

翌日はチョラパス越えで朝4:30起きでなので、いつもより早めの20:00に就寝。

 

エベレスト・トレッキング その6 に続く

【エベレスト・トレッキング その6】チョラパス越えとロブチェ。

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS