【音楽フェス】ポーランド開催『Tauron Nowa Muzyka Katowice 2018』とクラクフの街歩き

October 18, 201860 View

 

2016年ぶり、二度目のクラクフには2018年6月28日〜7月1日の3泊しました。

クラクフ(Krakow)滞在の唯一の目的は、お隣にあるポーランドの工業都市カトヴィツェ(Katowice)で開かれた音楽フェスティバル「Tauron Nowa Muzyka Katowice 2018」に参加するため。

 

1番のお目当てだったRed Axesの時には深夜4時を回って眠さであまり記憶がないという不甲斐無さだったんだけど、Senor Coconut、Nightmares On Waxがめっちゃかっこよかったです。

 

Tauron Nowa Muzyka Katowice 2018

 

チケットとフェス会場への行き方

2018年6月29日〜7月1日、工業都市カトヴィツェ(Katowice)で開催された「Tauron Nowa Muzyka Katowice 2018」のフェス会場はここでした。

 

私たちは土曜日だけ、クラクフから日帰りでの参戦でしたが、フェス開催期間は3日間でキャンプサイトもありました。一日券は直前にオンラインで40€/人で購入しましたが、前売りとか、通しのチケットだともっと安いです。公式ページではすでに来年のフェスの日程が発表されていて、開催は2019年6月20日〜22日みたいですよ。

 

フェスの公式ページはこちら。

http://festiwalnowamuzyka.pl/en/

 

クラクフの部屋の予約をしてしまってからフェスに行くことを決めたので、夕方のバスでクラクフからカトヴィツェに向かい、明け方のバスでクラクフに戻って来ました。バスは片道1時間10分、バス自体は1時間おきくらいに出ています。前もってオンラインで購入したバスチケットは片道3.5€/人くらいでした。

 

バスターミナルから会場までは歩いて1.5kmくらい、野外フェスとはいえ都市部でのフェスなのでアクセスはしやすく、フェス会場付近にもスーパーマーケットやファーストフード店もあり便利です。

 

会場付近の街の様子。

テントサイトがどこにあるか見ていないけれど、通しでフェスに通うとして、こんなに都会な雰囲気なら出来れば宿を取りたいかも。

会場付近の様子は2016年に行った、チェコの工業都市オストラバで開催されたフェス「Colors of Ostrava」に似ていました。(その時の様子 → 【野外フェス】チェコ開催『Colours of Ostrava 2016 』 〜 会場の様子編

 

リストバンドを受け取り、簡単な荷物チェックのあと会場入り。

 

ビールとご飯

ビール売り場。ビールは一杯10ズロチ(300円)。

 

種類は限られていましたが、食べ物の屋台も出ていて食事は1品20〜30ズロチ(600〜900円)くらいでした。

なんか深夜に食べたけれど、何を食べたか忘れてしまった、特に美味しかった印象はないです。

 

人気のラーメン屋さん。

 

会場の雰囲気

ステージ数は野外に3つ、室内に3つ、かな?一個一個は大きくないけれど、たくさんのステージがありました。

すごく楽しかったSenor Coconut、Nightmares On Waxのライブは体育館のような室内ステージで。ここのステージはお酒の持ち込みが禁止されていて、ビールを持っていると入る際に黄色の服を着た係の方に注意されます。健全!

 

 

ドイツテクノの大御所DJ、Burnt Friedmanも来ていました。ちょっと難解すぎて楽しめなかったけど。

 

夫がすっごく楽しみにしていたRed Axes。この時すでに朝4時で、夫は立ち寝。年齢には勝てないなー笑

 

いくつものアーティストが同時に観られる音楽フェスは、クラブに行くよりもっと楽しいし、日本に比べてヨーロッパのフェスはとっても安い、しかも6月〜9月は週末どこかしらで音楽フェスが開催されています。そういう意味でも夏のヨーロッパは本当に最高。笑

 

クラクフの街歩き

ウクライナ、モルドバを周ってからたどり着いたポーランド、クラクフはとても都会でした。

 

どこも綺麗に整備されていて街並みも美しく、非の打ち所がない。

 

街を見晴らせそうな郊外の丘の上までジョギング。

 

前回来た時に観光はすませたので、旧市街も公園もジョギングで駆け抜けます。笑

せっかく来たのにどうなんだ?って気もするけれど、逆に贅沢な気もするかな、どうかな。

 

前回来た時は郊外に宿泊していて気がつかなかったけれど、クラクフの旧市街そばに安くて活気のある雰囲気のいい市場もありました。ここで買ったチーズとパンがとても美味しかった!

クラクフの旧市街の近辺は、小さなスーパーマーケットしかなくて生鮮食品がいまいちだったので自炊派の私たちは助かりました。

 

市場の場所はここです。自炊派の方はぜひ!

 

マーケット名:Square Fair New Kleparz

住所:Długa, 30-962 Kraków, ポーランド

営業時間:6:00~22:00

 

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS