【野外フェス】スロバキア開催『POHODA FESTIVAL 2016』 〜 行き方・会場到着編

July 07, 2016635 View

unadjustednonraw_thumb_12a28

 

今回初めてのヨーロッパ周遊で、2個くらいは音楽フェスに行こう!と選んだ、ひとつめがスロバキアのトレンチーン(Trenčín)で開催される「ポホダフェスティバル2016(POHODA FESTIVAL 2016)」。

2016年のヘッドライナーは、The Prodigy、Sigur Ros、PJ Harvey。

 

ブラチスラヴァ(Bratislava)に2泊してそこから電車でいったよ

スロバキアの首都・ブラチスラヴァも小さくて可愛らしい街だったので、時間がある方は宿泊するのもいいと思います。可愛い雑貨屋さんも多かったです。でも宿泊費はちょっと高かったかな。airbnbの貸切の小さなアパートメントで、4,500円/1泊くらいのところに泊まりました。

unadjustednonraw_thumb_12d04

 

ブラチスラヴァにはこんな看板もありました。

unadjustednonraw_thumb_129a1

 

ブラチスラヴァから、会場であるトレンチーンまでは、電車で2時間半ほど。

unadjustednonraw_thumb_129ca

Zeleznicna spolocnost Slovensko という電車の公式サイトから前日にチケットを購入し、印刷して持って行きました。電車は1日5便くらいあったと思います。

 

12:55発ー14:24着の便でトレンチーンへ向かいます。

料金はセカンドクラスで、7.22EUR/1人。

私たちは、フェスのあとは、ポーランドのクラクフに抜けたので利用していませんが、また同じ場所に戻ってくる場合、電車の往復割り(フェス参加者のみ)があるようなので、往復割りが使えそうな方は、窓口で購入するといいと思います。

 

トレンチーンの駅前から、会場へはオフィシャルバスが頻発しています。バスがいっぱいになり次第出発で、一人1.2EUR。フェス中常に運行しているので、お金さえ払えばいつでも駅前に出ることが可能です。駅前ではすでに、ビールを飲んでる人も大勢いて、レッドブルガールがレッドブルを無料配布していて、すでにフェス会場みたいでした。

 

会場はここです。普段は空港の場所がフェスティバル会場になっています。

POHODA FESTIVAL 会場

 

会場に到着

オフィシャルバスの降り場から、徒歩で300mで、POHODA Festival テントサイトゲートに到着です。会場は真っ平らで日陰ゼロ。さすが空港。テントサイトはこんな感じです。初日の15:00はまだガラガラ。

unadjustednonraw_thumb_129cd

会場に近いサイトは便利だけど、トイレがちょっと混むかな。

 

テントサイトは料理不可ですが、瓶・カン以外の飲み物、食べ物の持ち込みはOKです。

私たちは、スロバキアの名酒らしい、この紅茶リキュール『TETRATEA』をブラチスラヴァで購入し、ペットボトルに入れ替えて持って行きました。アルコール52%!

unadjustednonraw_thumb_129c6

 

 

ちなみにこのお酒、牛乳と混ぜてカルーアミルク風にミルクティーっぽく飲もうとしましたが、うまく混ざりませんでした。レモンジュースなどで割ってレモンティーっぽく飲むのがいいのかも。

 

持ち物チェックがあるわけじゃないので、テントサイトからステージにお酒を持って行くことも出来ます。

会場から2kmくらいのところに大きなスーパーマーケットもあります。私たちはなんだかんだ、太陽がきつくて寝ていられない、でもまだアーティストの演奏が始まっていない午前中に毎日行ってました。笑。

 

一応会場からスーパーまでの徒歩ルート(クリックで拡大)

 

毎朝、スーパーに行く途中の売店でペットボトル入りのビールを買ってきて、スーパーで買ったハムやチーズや、果物をつまみに、まずはテントサイトで乾杯!

unadjustednonraw_thumb_129d0

 

私たちは、アウトドアではいつもアメリカのアウトドアメーカー「GSI Outdoors」のグラス「STEMLESS WINE GLASS」(アメリカで購入)を使っています。

日本ではGSI Outodoorsの正規代理店はこのタイプのグラスを取り扱っていないようです(金属のステンレス製はあり)。

Amazonさんで輸入並行品として取り扱っているところはありました。

すっごい軽くて丈夫。底が丸くなっていて、重心が下部にあるので、倒れません。いくつかのメーカーが出していますが、このグラスは秀逸です。ワインを入れても◎

 

テントを張ったら荷物を預けよう

私たちは、持ち物全部を詰めた大きなバックパック2個で行ったので、フェス中使わないものを入れバックパックをそのまま1個預けました。これが引換券。

unadjustednonraw_thumb_129cf

荷物は、会場エントランス付近に大きなテントがあってそこで預かってくれます(無料)。フェス中いつでも出し入れ可能。常に人が駐在しているので、問題はないと思いますが、気になる方は、会場内に貴重品を入れる用の小さなロッカーもあります(有料)。

 

チケットの購入はWEBから

私たちは3月中旬に、89EUR/1人(キャンプ場代込み)で購入しましたが、1ヶ月くらい前までは、全然チケット余っていたと思います。5月23日より、99EUR/1人に値上がりするので、行くのが決まっている方は早めに買っちゃいましょう。3日間通し券のみの販売で、1日券はありませんでした。

 

POHODA公式サイトはこちら。

 

≫POHODA FESTIVAL

 

『POHODA FESTIVAL 2016』についてはこちらも参考にしてください!

【野外フェス】スロバキア開催『POHODA FESTIVAL 2016』 〜 会場の様子編

 

【野外フェス】スロバキア開催『POHODA FESTIVAL 2016』 〜 ごはん・ビール編

 

翌週お隣の国、チェコでもフェスに参加。その時のことはこちらで書いてます。

【野外フェス】チェコ開催『Colours of Ostrava 2016』 〜 行き方・テントサイトの様子編

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS