【ザグレブ発2泊3日レンタカー旅】プリトヴィツェ国立公園とワイナリー

May 09, 20161,008 View

 

クロアチアの首都・ザグレブ(Zagreb)で2日間(=48時間)レンタカーを借りて、世界遺産にもなっているプリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvicka jezera)と、ザグレブ郊外をレンタカーで旅してみました。

 

ゴールデンウィークに、日本から友達も来ていたので、4人レンタカー旅。

ヨーロッパはレンタカーが安いし、自由度も高くなるので、より楽しい旅になったよ。

 

ザグレブから、ラストケ村へ。

明け方まで飲んでしまって全員二日酔いの中、11:00にレンタカーをピックアップし、なんとかザグレブを出発しました。

 

まずはザグレブから、スルニ(Slunj)まで高速に乗り、ラストケ村(Rastoke)を目指しました。

ラストケ村まではおよそ100km、2時間の道のりです。クロアチアでは高速料金の支払いは、日本と同じように距離によって高速出口で支払いをします。料金は日本の5分の1くらい、スルニまでは7クーナ(120円)でした。

 

ラストケ村は、2本の川の合流地点にあって、村全体が川の中にあるような、不思議なところ。小さな村で村全体が観光地になっておりSOBE(民宿)や、レストランが並んでいます。

 

滝の水量も結構あって、その上に立っている家が心配になるくらい。


プリトヴィツェ国立公園に行った後だと物足りないかもしれないけれど、行く前に寄ったので、この水量にびっくりしました。プリトヴィツェにレンタカーで行く場合には、ラストケ村はいい休憩ポイント。

 

マス料理が有名らしいこの村でお昼ご飯にしようと思っていたけれど、土曜日のお昼時だったしツーリストが多くて待たされそうだったので、スルニまで行ってお昼ご飯を食べました。

 

ビーフカツレツって書いてあったから、ザグレブ風カツレツをまだ食べてない私たちは、揚げてあるお肉を期待して注文したけれど、普通にBBQ的なただ焼いたお肉でした。おいしかったけどね。

スルニ村にはお肉や野菜も買える大きめのスーパーマーケットがあったので、夕飯用と朝食用に食材やお酒の買い物も済ませます。

 

その後、プリトヴィツェ国立公園付近で、Airbnbで借りているお家へ向かいます。

 

私たちが一軒家を借りていたのは、「Poljanak」という村。もう一箇所、地図一番上の村「Seliste Dreznicko」でも借りられそうな物件はいくつもありました。

静かで田舎な景色がいいなら、Poljanakがオススメ、道にはロバが闊歩し、朝はニワトリの鳴き声が響き渡る、のどかな村です。
でも小さな商店やレストランは国道1号まで出ないとないのでちょっと不便かも。

「Seliste Dreznicko」や、国道42号への分岐のある交差点近辺には、いくつかの商店があるので買い物も可能だし、プリトヴィツェ国立公園の入り口周辺にはいくつかのホテルやレストランもあります。

 

借りていた家から、公園の入り口までは10km。荷物を置いて早速公園のエントランスに向かいます。

プリトヴィツェ湖群国立公園

クロアチアでは、ドブロブニクと並んで有名な観光地、プリトヴィツェ国立公園。エメラルドグリーンの大小様々な美しい湖が、無数の滝によって階段状に結ばれています。

 

湖の周辺をハイキングすると、上から展望を楽しむだけでなく、

 

滝の水しぶきがかかるところまでおりて行ったり、

 

湖から湖に流れ出る川の脇をあるけてとてもきもちがいいです。

 

エントランスは2つあり、どちらにも駐車場が併設されています。駐車場料金は1時間7クーナ(120円)。

入場料は私たちの行った5月は、1日券は110クーナ(1,800円)、2日券は180クーナ(3,000円)でしたが料金はシーズンによって違います。

7〜8月は1日券180クーナ、11〜3月は1日券55クーナ。

 

園内には、バスや船もあり、乗り物の料金は全て入場料に含まれています。

 

乗り物を乗りこなしても、待ち時間もあるので全体を見て回るには、少なくとも5〜6時間は必要かな。私たちは2日券で、1日目の午後と2日目の午前中滞在しましたが、半日だけだと見れないエリアは出てきてしまうと思います。

 

公式ページに詳しいコースと所要時間が書かれています。

http://www.np-plitvicka-jezera.hr/en/plan-your-visit/explore-the-park/visiting-programmes/

 

2日目は川の上流の方で雨が降ったようで、増水し立ち入り禁止になっている場所もありました。

立ち入り禁止になってるとは知らずに、靴を脱いでまで行ってないエリアに行こうとしたけど、レンジャーの人が来てみんな戻るように注意されてしまいました。

 

結局2日間あったけど、増水でメインルートの一つである、一番落差のある滝の麓に行くコースを歩くことは出来ませんでした。

 

プリトヴィツェ国立公園について調べていた時に、観光に行くには日帰りでもいいか、1泊した方がいいかという質問をネット上で何度か見たし、私たちも1日券にするか2日券にするか結構迷ったけれど、自然のものなので、天気にも左右されるよね。

 

ちなみに季節は、春は水量が多くて迫力があるし、初夏は新緑が綺麗で、秋は紅葉が素晴らしいんだって。

7月〜8月はすごく混んで園内の乗り物も2時間待ちとからしい。冬は営業時間も短いし、歩けるエリアも少ないようなのでご注意ください。

 

私たちが行った5月8日、9日は土日だったけれど、乗り物の渋滞もなかったし、新緑が確かに綺麗で、場所によっては湖が緑色に染まっていました。

 

翌日はワイナリーへ。

クロアチアはワインの名産地としても有名です。お酒好きの私たちの残す目的地はワイナリー。

 

ザグレブ近郊では、ザグレブの20km南西の地域でよくワインが生産されているようで、ネット上でもワイナリー併設のSOBE(民宿)や、レストランの情報も見かけました。

 

Jastrebarsko(Jaska)からKlinca Selaの間にたくさんのワイナリーがあるよ!と、この日宿泊する予定のお家のオーナーに教えてもらったのでワインを購入してから、宿泊地サモボルを目指すことにします。

 

 

実際にいくつものワイナリーの看板を見ましたが、購入したのは「TOMAC」というワイナリーのワインだけです。

 

おじちゃんは英語が通じなくて、お互い理解するのが大変だったけれど、何種類ものワインを試飲させてくれました。

 

右からスパークリングワイン(ロゼ)のスパークリングワイン(白)、赤ワイン。どれも1,000円前後とお手頃の値段。

もちろんすごくフレッシュで美味しかったです。

 

この日にAirbnbで借りてたお家は、ザグレブの15km西に位置するサモボル(Samobor)の一軒家。庭でワインを飲みながらBBQ の予定だったけど、土砂降りと雷雨で外でご飯の夢は叶いませんでしたが、ここも自然に囲まれた素敵なところでした。(これは翌朝の写真。)

 

バルコニーで雷を鑑賞しながらのワインも、なかなか面白かった!

 

有名観光地だけを巡るのではなく、有名でないところに行ってみるのも面白いし、そのためにはレンタカー旅が快適便利です。

 

レンタカー、かかった費用は?

 

レンタカーは、ザグレブ市内「FLEET rent a car」で借りました。マニュアル車です。

(比較サイトは当時は、Car hire labs を利用してましたが、今はRentalcars.com を主に使ってます。)

 

レンタル費用は、48時間で3,301円。

ガソリン代が、3,465円。

高速代金が、およそ600円。

合計7,400円。4人で割ったら1,800円。

 

これは4人で使用するために借りた少し大きな車なので、コンパクトカーならもう少し安いし、1泊だったら、もちろんもっと安いです。

バス料金はザグレブープリトヴィツェ国立公園の片道が92クローナ(1,500円)、往復が135クローナ(2,300円)らしいから、2人以上で行くならレンタカー、オススメです!

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS