【アメリカ西海岸レンタカー旅 8】グランドティトン国立公園と、野生動物たち。

July 10, 2015649 View

 

グランドサークルに引き続き、2度目のアメリカレンタカー旅は、ラスベガスからポートランドを目指して北上。期間は38日間。

 

ルートは、デスバレー国立公園 → ヨセミテ国立公園 → キングスキャニオン・セコイア国立公園 → 野外音楽フェス「High Sierra Music Festival 2015」 → ソルトレイクシティ →グランドティトン国立公園 → イエローストーン国立公園 → ポートランドに1週間滞在 → Route 101を南下 → ラスベガス でゴール。

 

ソルトレイクシティを出発し次に向かったのは、グランド・ティトン国立公園(Grand Teton National Park)、ここもまたハイカーのためのトレイルが総距離300kmもあります。最高峰グランド・ティトン山は標高4,197、その他の名峰モラン山などもありますが、登山をするためには技術とパーミットが必要、なはず。

私たちはいつも通りいくつかの日帰りハイキングをしました。

 

グランド・ティトン国立公園へ向かう。

ソルトレイクシティから、グランド・ティトン国立公園までは450km、グランド・ティトン国立公園は、イエローストン国立公園の南側に隣接しています。

 

 

北上し、グランド・ティトン国立公園の玄関口となる町がジャクソン(Jackson)を通過します。

 

ジャクソンは結構大きな町で、たくさんのレストランやホテルの他に、大きなスーパーマーケットやホームセンターもあり、グランド・ティトン国立公園からも片道30分のドライブで着くので、買い物やインターネットを拾いに2日後に再訪しました。

 

町の真ん中にある公園には、ジャクソンの町のシンボルがあります。

これ、ムース(ヘラジカ)のツノで出来てるんだよ。オスのムースは毎年春から夏にかけてツノを伸ばして、秋の繁殖期にライバルとツノで戦って、冬にはそのツノは取れてしまって、また来春に新しいツノを伸ばすらしい。公園内でもたまに落ちているムースのツノを見かけました。

 

ジャクソンから国立公園に向かう湿地帯には早速ムースの姿がありました。

 

この日は到着が夕方になってしまって、国立公園内のキャンプ場に宿泊するのが難しそうだったので、少し手前にあるキャンプ場「Gros Ventre Campground」 でキャンプをすることにしました。

 

料金は24USD。

 

寒いのでもちろん焚き火。ピクニックテーブルには、熊への注意書きが貼られていました。

 

翌朝は、国立公園内にあるジェニー湖(Jenny Lake)のそばの、小さめのキャンプ場「Jenny Campground」へ移動。こちらも料金は同じで24USD。

 

私たちがとったサイトはあまり良くなかったけど、サイトによっては目の前に山が見えて気持ちのいいキャンプ場です。トイレの数が少なくて少し不便なのが難点。シャワーはありません。

 

私たちが行ったアメリカの国立公園の中で、キングスキャニオン国立公園と、ここグランドティトン国立公園、このあとに行ったイエローストーン国立公園は、公園内に落ちている枯れ木を薪木にすることが許されていました。夜は焚き火が必須だから、薪を買わずに済むのはありがたいです。

 

トレイルで出会った動物たち。

Hermitage point

グランドティトン国立公園内に滞在したのは2泊。初日は天気が悪くて山が見えなかったので、動物に出会える確率の高いらしいHermitage pointっていうジャクソン湖(Jackson Lake)に突き出た半島を歩く、14kmくらいのトレイルを歩いてみました。

 

野花が咲いていたりしたけれど、曇りだと山はやはり綺麗には見えないなあ。

 

結局このトレイルで出会えた動物は鹿だけ。そのうえ、トレイルがあと2kmで終わりそうなところで雨が降ってきてしまいました。

 

Leigh Lake trail

お昼ご飯を食べた後は、リー湖(Leigh Lake)のわまりを歩く、Leigh Lake trailへ。往復で約6kmです。

途中雲が少し晴れたせいか、山も見えて、午前中のトレイルよりもずっと気持ちのいいトレイルでした。

リー湖のそばにも、歩いてしか入れないキャンプサイトがあるみたい。

 

リス。国立公園内にいる人間慣れして太ったリスではなく、小さくて可愛い。

 

マーモット(奥にももう一匹いて、動きがシンクロしてて可愛かった)と鹿。

 

ムースのツノも落ちていました。

 

晴れてきた!シャワーのないキャンプ場なので、夫は川に入ることにしましたw

 

入るまでは冷たそうだったけど、入ってしまえば気持ちがいいよね。

 

帰り道、せっかく晴れたのにもう太陽が西に傾き始めてしまいました。

 

奥の鋭利な山の形がかっこいい。もっと奥まで歩いて行って間近から見たかったけれど、それにはもう少し準備と日数が必要、もう一度行きたいな。

 

「The Hidden fall」と「インスピレーションポイント」

翌日は午前中に、一番メジャーな、ジェニー湖(Jenny Lake) のビジターセンターから歩き出す The Hidden fallと、インスピレーションポイントを目指すトレッキングへ。

ビジターセンターのすぐ後ろにはレンタルカヌーのお店もありました。途中までカヌーを使っていくとThe Hidden fallに行くまでの道のりがショートカットできるみたい。

 

The Hidden fall への往復トレイルは12km、雨が降り出しそうだったので大急ぎで歩きます。

 

家族連れの後ろに見えているのがThe Hidden fall。隠れている、と言われているだけあって遠目から見る滝はそれほど迫力はありませんでした。後ろの岩場では、ロッククライミング教室が行われていました。

 

山の中のトレイルで登り、帰りは湖まで下ってから湖辺を歩くトレイルを使いました。

 

マーモット、昨日見たのよりもずっと大きい。

 

しかも立ったし!立って周りをキョロキョロ観察している姿は、まぬけで面白かったです。

様子見てるけど、大きすぎてこちらからも丸見えだからね、、

 

2匹の子供づれの母熊も。

熊の子供はぬいぐるみのクマみたいなフォルムで愛らしい。

 

この後はまたしても大雨に降られてしまいました。

テントサイトに戻っても雨が降り続くので、買い物と、インターネットをしにジャクソンの町まで下ることにしました。そして、街に着くなり雨が止むという残念さ、、

 

用事を済ませて大急ぎで国立公園に戻ります。

 

Bradley Taggart Loop

その後は一周9kmの、Bradley Taggart Loop を歩きに行きました。

 

こんなにいい天気なのに、30分後にはこれ。油断してレインウエアも持ってきていなかったので走って駐車場に戻ります。

 

そして駐車場に戻ってきたら、晴れる、、

 

なんなのー!天気に振り回されっぱなしのグランドティトン国立公園、もう少しゆったりと絶景を味わいたかったなあ。

 

車を走らせると駐車場付近にエルクの群れが来ていました。遠くの雲下には色鮮やかな虹が。

 

翌朝は晴れていましたが、ゆっくりとは歩けなかったにしても、それぞれのエリアのトレイルを少しずつ歩いてしまったし予定通り次の目的地イエローストーン国立公園を目指すことにしました。

 

悔しい、けど仕方ない。

 

モラン山(Mount Moran)。また戻ってきたいです、グランドティトン。

 

アメリカ西海岸レンタカー旅 9 に続く↓

【アメリカ西海岸レンタカー旅 9】イエローストーン1日目、川の中の天然温泉。

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS