【ヨーロッパレンタカー旅 その1】リュブリャナからトスカーナへ。あとチンクエテッレ。

May 30, 20166,121 View

unadjustednonraw_thumb_11f2e

 

ヨーロッパのアルプスエリアを中心に、25日間かけてレンタカーでEU圏5ヶ国を周遊しました。周ったのは、スロベニア、イタリア、フランス、スイス、オーストリア。

 

イタリア・トスカーナ(Toscana)地方をドライブしたのは、2016年5月24日〜30日の約1週間。
イタリアは世界で一番、世界遺産の登録数が多いらしい。

その中でも、トスカーナはルネッサンス芸術の中心地。美しい古都が多くあり、丘陵地帯はヨーロッパ随一の田園風景なんて言われてるみたいです。

リュブリャナ〜イタリア・トスカーナ地方へ。

リュブリャナ(Ljubljana)でレンタカーをピックアップしたのち、世界遺産にも登録されている、世界最大級の鍾乳洞『シュコツィアン洞窟群(Škocjan Caves、スロベニア語でŠkocjanske jame)』を見学。

 

 

シュコツィアン洞窟群公式 ホームページ

http://www.park-skocjanske-jame.si/en

 

ツアーガイドの方と一緒20人くらいのグループでまわります。説明は、英語とスロベニア語から選ぶことができます。料金は1人16EUR。洞窟内は写真厳禁(写真を撮ってる方がいて、ガイドさんにすごい怒られてました。笑)なので、中の写真はありません。

これが出口。

unadjustednonraw_thumb_11e46

地下にこんな空間があるんだ!という圧巻の光景が広がっていました。近くに行かれる方は、ぜひ行ってみてください。

 

その後、イタリアに入り、トリエステ(Trieste)、ベネチア(Venezia)と通過。

unadjustednonraw_thumb_11e73

 

サンマリノ(San Marino)を目指して、アドリア海沿いを南下します。

unadjustednonraw_thumb_11cd6 unadjustednonraw_thumb_11cd1

 

その後は、ペルージャ(Perugia)を目指して、内陸に入っていきます。

トスカーナに近づくにつれ、現代的だった街並みは、中世の街並みに。トレジメーノ(Trasimeno)湖畔にあるキャンプ場を目指してのドライブ中にも、道路沿いに名前も知らない中世の街が現れます。

unadjustednonraw_thumb_11eb1 unadjustednonraw_thumb_11cdc

 

ぶどう畑とワイナリー。トスカーナもまた、世界の名ワインの産地として有名です。

unadjustednonraw_thumb_11ee7 unadjustednonraw_thumb_11ee4

 

トスカーナで訪れた街々。

それぞれの街が、中世からの長い歴史があって、名だたる美術品を貯蔵し、歴史ある建築物で溢れている、と思います。歴史や美術に詳しい方だったら、一つの街に一日いても足りないんだと思います。

 

でも私たちは、初心者なので、その日に訪れる街の歴史を当日勉強し、一つの街に数時間というスタイルでこれらの街を周りました。美術館にも、美味しいレストランにも行っていません。

 

訪れた街でしたことは、旧市街を歩き、雰囲気を楽しむ。夕飯で楽しむための、チーズやパスタ、ワインを買う。この2つだけです。また知識をつけて戻ってこなきゃいけないな。

 

モンテプルチャーノ(Montepulciano)

unadjustednonraw_thumb_11f07

 

unadjustednonraw_thumb_11f01 unadjustednonraw_thumb_11ef5

旧市街の多くは、丘の上にあり、トスカーナの美しい丘陵を見渡すことができます。

モンテプルチャーノは名赤ワインの産地。普段はスーパーで3EUR前後のワインを飲んでましたが、ここでは奮発して、10EURごえの赤ワインを購入。

 

ピエンツァ(Pienza
unadjustednonraw_thumb_11f24 unadjustednonraw_thumb_11d03

ピエンツァは、ひとりの教皇がひとりの建築家に命じて思い通りの「理想郷」を作らせようとしたユニークな街。すごく小さな旧市街でしたが、花と光に溢れとても可愛らしい街でした。

 

モンタルチーノ(Montalcino

unadjustednonraw_thumb_11f4e unadjustednonraw_thumb_11f4a

モンタルチーノもまた、名赤ワインの生産地です。ここでも奮発して、14EURの赤ワインを購入。他の旧市街に比べて、観光客が少なく、工事中の建物も多く、がらんとした印象です。

 

シエナ(Siena)

unadjustednonraw_thumb_11f61 unadjustednonraw_thumb_11d10

『世界一美しい広場』として有名な、シエナの広場、圧巻でした。今回行った街の広場の中でも、ずば抜けて綺麗に感じました。ここに王様が現れたら、ひれ伏してしまうだろうな。笑。

 

サン・ジミニャーノ(San Gimignano)

unadjustednonraw_thumb_11f9f unadjustednonraw_thumb_11d25

サン・ジミニャーノには多くの塔がたっています。金持ちたちが競って高い塔を建て、「黄金期」には72本もの塔が立っていたんだって。全体的な街並みは、ここが一番好きでした。サンジミニャーノ白ワインも有名。もちろん購入。笑。

 

フィレンツェ(Firenze )

unadjustednonraw_thumb_11fbc

言わずと知れた、ルネッサンス芸術の中心地。これは駐車場から旧市街に向かう時の景色ですが、ここが一番感動しました。街の規模も、ドゥオーモも大きすぎて、なんだかピンと来ませんでした。

 

ピサ(Pisa)

unadjustednonraw_thumb_12031 unadjustednonraw_thumb_1201d

トスカーナの古都とは、ちょっとテイストが違いますが、王道なので、ピザの斜塔も見に行きました。街の雰囲気はもう、トスカーナじゃない。

 

トスカーナから、フランスへ。

ピサを後にし、その後はイタリア北西部に位置する、チンクエ・テッレ(Cinque Terreへ。

 

チンクエ・テッレはリグーリエ海岸に位置する、5つの村を指します。この村々は、険しい海岸に、カラフルな家屋が建つ景観が世界遺産になっています。

unadjustednonraw_thumb_12041

断崖絶壁に張り付くように小さな村が。

山道を通っていくので、アクセスは良くないです。海岸線沿いに歩いていけるトレイルがありますが、海沿には車道はありません。車で次の村に行くには、一旦、メイン通りまで戻り、また山を越える必要があります。時間があるなら、数日かけて、トレッキングでこのチンクエ・テッレの村々を周ってみるのも楽しいかもしれません。

 

unadjustednonraw_thumb_12058

 

 

ヨーロッパレンタカー旅 その2 に続きます。

【ヨーロッパレンタカー旅 その2】ヴェルドン渓谷をドライブ。フランスで一番かわいい村。

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS