【ヨーロッパレンタカー旅 その6】ドロミテ、ガルデーナ峠とラガツォイでのトンネルトレイル。

June 10, 20163,571 View

unadjustednonraw_thumb_1226a

 

ヨーロッパのアルプスエリアを中心に、夫婦2人でレンタカーでEU圏5ヶ国を周遊しました。周ったのは、スロベニア、イタリア、フランス、スイス、オーストリア。

 

スイスのグリンデルヴァルト(Grindelwald)を後にし、イタリアのコモ湖に国境越え。その後、ボルツァーノ(Bolzano)を経由し、ドロミテ(Dolomiti)の中心地、コルティナ・ダンペツッオ(Cortina d’Ampezzo)を目指します。

 

コルティナ・ダンペツッオに行くまでの道も、ドロミテ地方での日帰りトレックも素晴らしかった。今回訪れた、ヨーロッパアルプスの中で、一番に好きなエリア。

 

イタリア、ボルツァーノへ。

スイス、グリンデルヴァルトを後にし、2度の雪による道路通行止めをくらい、3度目でなんとか、イタリアとの国境にたどり着くことに成功。(詳細はこちら↓に書いています。)

【ヨーロッパレンタカー旅 その5】グリンデルヴァルトのキャンプ場から、アイガーを眺める。

もしかして、スイスからイタリアに抜けるのは無理なんじゃないかと思いましたが、なんとか1日で、コモ湖湖畔のキャンプ場に到着。

 

スイスには山を越えるため、10kmを超えるトンネルも珍しくありません。

unadjustednonraw_thumb_12578

 

翌日は、ボルツァーノへ。ボルツァーノから、コルティナ・ダンペツッオに向かう間にも、素敵なハイキングコースや、美しい峠があります。景色のいい場所を、夕方に急いで通過してしまうのは勿体ないので、ボルツァーノでもう一泊し、明日に備えます。

 

翌日、天気予報通り、晴天の中、コルティナ・ダンペツッオを目指します。ボルツァーノの街を出るともうこんな山々が。

unadjustednonraw_thumb_125a1 unadjustednonraw_thumb_125a5

 

ボルツァーノから、コルティナ・ダンペツッオに向かう道中も、幾つもの、ハイキングエリアがあり、そのエリアには無数のロープウェイが張り巡らされています。その中でも有名な、ドロミテの展望台と呼ばれる広大な丘陵地帯、アルぺ・ディ・シウジ(Alpe di Siusi)。歩いてみたいなと思っていたのですが、翌日からの数日は、ドロミテ一帯が雨予報。貴重な晴天だったので、そのまま、ドロミテの中心地である、コルティナ・ダンペツッオに向かうことにしました。

 

ガルデーナ峠をドライブ。

アルぺ・ディ・シウジエリアから少し進むと、ガルデーナ峠(Passo di Gardena)があります。この辺りから、急に岩山が間近になります。標高2,136m。ヘアピンカーブのきつい、でも美しい峠なので、ロードレーサーの方や、バイクでのツーリングの人がたくさん訪れる有名な峠。

unadjustednonraw_thumb_125c3

 

unadjustednonraw_thumb_125c7 unadjustednonraw_thumb_125e9

 

次々に巨大で美しい岩山を通り過ぎます。この道路は、車のスピードでは早すぎる、、自転車、羨ましいなあ。もちろん、ゆっくり景色を見るために、トレイルもたっくさんあります。

unadjustednonraw_thumb_125e0unadjustednonraw_thumb_125d6

 

unadjustednonraw_thumb_125efunadjustednonraw_thumb_125fc

 

ラガツォイ(Lagazuoi)山のトンネルトレイル。

ガルデーナ峠を過ぎ、もう少し、コルティナ・ダンペツッオ寄りにある、ラガツォイ(Lagazuoi)の山頂(標高2,752m)に至るトレイルを歩いてみました。この山頂にある展望台には、ロープウェイも通っています。でもなるべく自分たちの足で歩きたい派の私たちはここでも、トレイルを歩いてみました。

 

通常のトレイルを1時間くらい進むとこのような標識が。通常のトッレキングルートは、右に、山を大きく迂回するルートだったようです。私たちは左に進んでしまいました。この左の道は、「ギャラリー」と表記されていましたが、世界大戦中の要塞で、現在はトンネル状のトレイルになっていました。

unadjustednonraw_thumb_1261a unadjustednonraw_thumb_1261b

写真左に写っている、岩にぽっかり空いた穴がトレイルになっています。

 

高さ、1.5m、幅、1mくらいの真っ暗なトンネルで、おおよそ500m近く標高を上げることになります。中は、階段だったり、はしごだったり。真っ暗なので、懐中電灯は必須です。

unadjustednonraw_thumb_1262c unadjustednonraw_thumb_12631

 

長い長いトンネルを抜けると、壮大な景色!

unadjustednonraw_thumb_1262eunadjustednonraw_thumb_1262f

 

unadjustednonraw_thumb_12634

 

この先に行くためのトンネル内には、雪が残っていて、途中からトンネルの扉が封鎖されていたので、山の頂まで行くとこはできませんでしたが、面白い体験をすることができました。(写真で見えているのがロープウェイ駅です。)

unadjustednonraw_thumb_12635

 

このトレイルを歩いていたのは私たちだけだったので、絶景独り占め。

unadjustednonraw_thumb_12636

 

ここまで長いものはありませんでしたが、他のトレッキングルートでも、たくさん、人用のトンネルがありました。危険なものもあるかもしれないので、むやみに進むのは危ないですが、行けると判断できた場合には、通って見ると面白いかもしれません。(岩の反対側にある展望ポイントに出る、長さ3mくらいのものも。)そのためにも、ドロミテエリアのトレッキングに行く際は、懐中電灯を携帯するのがオススメです。

 

できれば山をぐるっと回る、外のトレイルで戻りたかったのですが、雪のためアイゼンなしでは難しそうでだったため、仕方なく、トンネルルートでの下山。無事、普通のトレイルまで戻ることが出来ました。

unadjustednonraw_thumb_1263eunadjustednonraw_thumb_12640 トータルで4〜5時間くらいのトレッキングでした。

 

コルティナ・ダンペツッオのキャンプ場。

夕方になってしまったので、急いで、コルティナ・ダンペツッオの街にむかいます。

unadjustednonraw_thumb_12646

 

まずは街で、トレッキングインフォメーションにより、トレッキングマップとバスの時刻表をもらい、スーパーマーケットを下見してから、キャンプ場に向かいます。

 

コルティナ・ダンペツッオの付近にはいくつかのキャンプ場がありましたが、私たちは、料金が他より安かった、街より北に3km程行ったところにある、International Camping Olympia に3泊しました。

 

公式ページはこちら。

http://www.campingolympiacortina.it/it/

 

料金は、1サイト19EUR。すごく大きなキャンプ場です。wifiは有料でした。

unadjustednonraw_thumb_1268b

3泊のうち、2日は雨がちだったので、各所に、屋根付きピクニックエリアがあったのがすごく助かりました。

 

ヨーロッパレンタカー旅 その7 に続きます。

【ヨーロッパレンタカー旅 その7】ドロミテ、コルティナでのハイキングと、トレチーメ公園

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS