物価安のウクライナ。キエフのスーパーマーケットと、借りた一軒屋のこと。

  ヨーロッパなのに、東南アジアよりも物価が安いと噂のウクライナ。 そんなウクライナの首都・キエフ(Kiev)で一軒家を借りて、一週間滞在してみました。   実際のウクライナの物価は? 2008年には1UAH=20円だったのに、1年後の2009年には1UAH=10円の価値になってしまった、ウクライナの通貨フリブニャ。 その後、5年間はなんとか安定を保ったけれど、2015年1月に1UAH=9円だった価値は、3ヶ月後1UAH=5円まで再度暴落しました。   為替についてはこちらを参考にしています。 http://www.xe.com/ja/   原因は石油価格の下落や、経済制裁の影響によるロシア経済の危機によるインフレ。   私たちが行った2016年7月、レートは1フリブニャ=4.3円だったので、2008年に旅行していたとしたら、その時に比べ物価が4分の1になったように感じるわけです。もちろんウクライナ国民にとっては生活が大変になったのは言うまでもないけれど、旅行者としては、物価に関しては嬉しい状態。   2人で外食して、軽く飲んでも1回200フリブニャ(800円)以下です。 普段食べないケーキも、1個30フリブニャ(120円)なら食べといたほうがいいかも、、 ...
2016-07-220 DownloadsDownload