おいしいドイツビールの話と、ベルリンB級グルメ。

August 17, 20161,214 View

unadjustednonraw_thumb_13019

 

2016年ヨーロッパ旅の途中に、1週間ドイツに滞在しました。ライプツィヒ(Leipzig)に5泊と、ベルリン(Berlin)に2泊。

その時に食べた、ベルリンB級グルメと、あとは主にビールのこと。

 

ベルリンのB級グルメ。

知らなかったけど、ベルリンのB級グルメって有名みたい。ハンバーガーとか、カリーブルストとか、ケバブとか。「ベルリン B級グルメ」で検索すると、いっぱいページが見つかります。私たちはこのサイトを参考にして、ケバブとハンバーガー、食べました。

 

ベルリンに来たら絶対にいかないと後悔する外食屋 10選

 

超定番らしい、ムスタファ ゲミューゼ ケバブ(Mustafas Gemüsekebap)。

unadjustednonraw_thumb_13381

お昼時はすっごい並ぶらしいけど、午前中に行ったら、10分くらいで食べられたよ。野菜がいろんな種類入っていて、美味しい。ラップサンド型のケバブで、4.2EUR。超ボリューム。納得の人気です。

 

あとは、Schiller Burger。私たち的には、普通でした。

unadjustednonraw_thumb_133c0

5EUR、大きくはないけど、お肉がガッツリしているから結構満足。ちょっと高いかな、という印象。

 

あとは適当なお店で、ピザ(5EUR)、ベルリンといえば、なカリーブルスト(3.8EUR)。

unadjustednonraw_thumb_133bc unadjustednonraw_thumb_133d3

カリーブルストは、初めて食べた感想としては、「なんでウインナ(しかもちょっとチープな感じの)にカレー粉をかけちゃったんだろう、あとケチャップとマヨネーズ多すぎ」だったんですが、素敵なカフェでお茶でもしているかのように、上品なおばさまが食べていたり、サラリーマン風の人は、これとパンを食べてたりして、国民食なんだなあ、恋しくなる味なんだろうなあ、と思いました。

 

ピザ屋さんではビールも頼みました。ファストフード的なお店でも、unfilterd(無濾過)の生ビールを提供しているところが素晴らしい!写真はERDINGERのWeissbier – ヴァイスビア(1杯2.5EUR。)

Erdinger WeissbierErdinger Weissbier

チェコと、ドイツではよく見たんですが、この、500mlがちゃんとわかるグラスが地味に嬉しいです。

 

 

 

スーパーマーケットの、ドイツビール。

言わずと知れたビール大国、ドイツ。スーパーマーケットにも様々なビールが売られています。

借りていたアパートメントの冷蔵庫のなかはこんな状態wunadjustednonraw_thumb_13323

スーパーマーケットのビール売り場は、ベルギーに引けを取らない感じで陳列されてました。

 

夫は、アルコール度数が高めで、味の濃い苦い、エール系が好き。

Maisel & Friends Stefan’s Indian Ale

 

スコッチエールなんていうのもありましたが、これはビールじゃない。
Störtebeker Scotch Ale

 

私は、小麦の香りの強い、苦味は少なくてちょっと酸味のある、ヘフェ・ヴァイツェンが好き。

Neumarkter Lammsbräu Weisse

 

濾過をしていない状態で瓶詰めした、unfilterdの濁ったビールもいろんな種類が売っています。

色々試して、お気に入りを探すのが、楽しいです。

 

値段は、こういう瓶に入ったものが、だいたい1.2~3.0EUR(350ml〜500ml)くらい。マイクロブリュワリー(小さなビール工場)が出してる、こだわりのクラフトビールなんかは、もう少し高いものもあります。

大きなペットボトルで2リットル売りされているやつなんかは、1リットル当たり1.5〜2EURくらいだったと思います。私たちは1週間しかないので、瓶入りのいろんなビールを飲んでました。

 

スーパーで買うと、1本につき、0.2EUR程度の瓶代がかかります。

なので、飲み終わった瓶はゆすいで、翌日、スーパーマーケットにある、瓶返却マシーンに。

Franziskaner Hefe-Weissbier, Eibauer Zwickl, Eibauer Porter, Freiberger Edel Keller, Allgäuer Büble Bier Edelbräu, Altenburger Bock, Schöfferhofer Hefeweizen

スーパーの中にある、瓶やペットボトルの返却マシーンに返すと、瓶代精算用のレシートが発行されます。その分の料金をレジで割引してもらえます。

返却は、購入した店舗でなくても大丈夫。ただし、返却時に出てきたレシートは、返却した店舗でしか使えません。このシステムは、チェコなどヨーロッパの他の国でも多く見かけました。

 

環境にもいいし、日本ももっと瓶ビールの生産をメジャーにしたらいいのにな。

 

ライプツィヒで飲んだ、ゴーゼビール。

ライプツィヒでは、ゴーゼビールを飲みに行きました。

ゴーゼビールは、現在では、ライプツィヒを中心に、いくつかの醸造所で造られている、塩を加えたビールです。

 

もともとは、ハルツ地方のゴスラーという町で中世から造られていて、原料は大麦麦芽とホップのほかに小麦麦芽を使い、味付けにコリアンダーを加えて大量の塩を投入。そして発酵には乳酸菌の力を借りるという、世界的にも珍しいビール。 Bayerischer Bahnhof Original Leipziger Gose

現在は生まれ故郷のゴスラーよりもライプツィヒでよく知られています。どうしてかというと、ゴスラーは旧西ドイツに位置するのに対し、ライプツィヒは旧東ドイツにあるから。

 

旧西ドイツでは、以前「ビール純粋令」というものがありました。

これは、ドイツビールの美味しさと安全性を保証するためにビールの原料を大麦麦芽とホップ、水、酵母に限定するとした法律です。(EUの関税障壁になるということで現在では効力を失っています。)

 

ライプツィヒなどの旧東ドイツでは、伝統的に砂糖やハーブなどの副原料を使っていた醸造所があり、1989年のドイツ統一(実質的に西側が、東側を吸収合併)後、はおおっぴらには販売できないものの、技術を受け継いできたのです。

 

参考サイトはこちら。

ビール小話「旧東ドイツの塩ビール」

 

味は、確かにしょっぱくて、ちょっとだけ、ベルギービールのランビックに似ている感じ。味がとてもしっかりしているので、つまみはいらないです。炭酸も強くなく、ビールじゃないみたいだけど、あとをひきます。

 

私たちが飲みに行ったのはここ。

 

公式ホームページはこちら。

http://www.bayerischer-bahnhof.de/en

 

食べ物は頼んでいないですが、混んでて、雰囲気もとても良かったです。ゴーゼビールは1杯、3.7EUR。その他のビールも何種類かありました。

 

他ではなかなか飲めないビールなので、ライプツィヒを訪れた際には、是非試してみてください。

(スーパーマーケットでも瓶詰めのゴーゼビールを売ってましたが、レストランで飲んだ方が安いです。)

 

ヨーロッパビールについてはこちらでも書いてます。

プラハで飲みまくり、おいしいチェコビールと、チェコのバドワイザー。

 

アメリカのクラフトビールについてはこちら。

【グランドサークルレンタカー旅 番外編】西海岸クラフトビールと、アウトドア飯。

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS