ロブソン・バーグ・トレイルをトレッキング 〜 前編

September 09, 20151,050 View

unadjustednonraw_thumb_53aa

 

2015.9.9.~9.12. 3泊4日かけて、ロブソン・バーグ・トレイル(Robson Berg Trail)を歩いてきました。ロブソン山(Mount Robson)はカナディアンロッキーの最高峰で、標高3,954mです。もちろん私たちが歩くのは、頂上を目指すのではなく、ロブソンをいろんな角度から眺められる特別な技術のいらないルート。

 

ジャスパー(Jasper)のインフォメーションセンターには日本人スタッフも数名いて、何年もジャスパーに住んでいるスタッフの方から、このルートを最高の天気で歩けたなら、その経験を超えるルートはジャスパー近辺には無い(※2~4泊程度で歩けるコースという条件付きです。笑)と断言してくれたルートです。私たちはジャスパー周辺で泊まりがけで行ったトレイルはここだけですが、最高だった!と言い切れます。おすすめ!

 

初日は、キニー・レイク まで歩く。

山歩きは天気次第です。

「今日から4日間の天気がいいから、今日スタートをお勧めする」というジャスパーのインフォメーションセンターの方のアドバイスで、レンタカー初日に、出発することにしました。正午に予約していたレンタカーをピックアップし、トレッキングに必要な食料とお酒を購入し、ロブソンのビジターセンターに向かいます。

 

ジャスパーから、ロブソンのビジターセンターまでは、80kmくらいなので、車があれば、1時間程度で着きます。

 

パブリックバスも出ていたので、バスを利用する方は、ジャスパーのインフォメーションで確認してみてください。確か、1日に往路1便、復路1便くらいしかなくて、往復で50CAD(約5,000円)くらいしたと思うので、2人以上で行けるなら、レンタカーがオススメ。当初、私たちも、カナディアンロッキーはバスとヒッチハイクで周ろうと思っていましたが、日程にかなり余裕がない方は、やめたほうがいいと思います。バスで回るのは一般的でないため、便数が少なく不便で、料金も割高です。レンタカーは、1日4,000円くらい〜あります。

 

ビジターセンターには16:00に到着し(17:00が閉館時間です。ロブソンエリアのトレイルで宿泊する際にはバックカントリーオーバーナイトパーミットが必須になるので、必ずビジターセンターにて受付を済ませてから入山しましょう。)、トレッキング予定表を提出。任意で熊に襲われないためのDVDを見ます。

ロブソンエリア、バックカントリーオーバーナイトパーミットは、一人10CAD/1day。エリア内のどのキャンプグラウンドを使用しても大丈夫です。2人で3泊の合計60CAD(約6,000円)。
緑色の日付と名前の記入されたタグを渡されるので、テントを張った際に、そのタグをテントに結びつけることになります。

 

出発したのは、17:00頃。今日の目的地は、キニー・レイクキャンプ場(Kinney Lake Campground)です。下の方の湖。トレイル入り口が一番下です。

unadjustednonraw_thumb_52bd

 

キニー・レイク(Kinney Lake)までは5km、標高差も100mくらい。なので1時間半ほどで着きます。

unadjustednonraw_thumb_52be

 

車を駐車場に置いて、置いていく荷物はシートの下など、見えにくい場所におきます。ここがトレッキング入り口。駐車料金はかかりません。

unadjustednonraw_thumb_52ba

 

ロブソン川(Robson River)。川の水の色が、はっきりとした水色でとても綺麗。

unadjustednonraw_thumb_52c5

ところどころにある橋を渡りながら、穏やかなトレッキングです。

 

日帰りで、キニー・レイク(片道5km)や、その先にあるベルグ・レイク(Berg Lake、片道21km)までだけ行く方も結構いるようで、軽装で日帰りトレッキングを終え、これから帰る人たちとも何組かすれ違いました。

 

この周辺は、降水量が多く、植物の種類も豊かです。9月は蚊や、アブなどの虫に困ることもなく、さわやか。

unadjustednonraw_thumb_52f6

 

私が使用しているバックパックはこれです。オスプレー(OSPREY)のバックパックは本当に背負いやすい。

 

 

海外でも必ずトレッキングするので、スーツケースで海外に行くのは考えられない。トレッキング中はもちろん荷物の一部を置いていくことになるけれど、日本を出発するときには調味料や電化製品も多い私たちの旅行スタイルでは大容量のバックパックでないとダメ、ということでこれになりました。

 

キャンプ場についた頃にはなんとかテントを張ることが出来るくらいの暗さ。張り終わる頃には真っ暗です。今夜の宿泊は私たちのみでした。屋根がある、大きなピクニックスペースがあったので、そこで夕ご飯です。成型されているハンバーグを焼いて、ハンバーガーとビール。

unadjustednonraw_thumb_52c8

 

 

2日目のキャンプ地はロブソン・キャンプグラウンド。

昨夜は暗くなってしまってあまり見えませんでしたが、キャンプ場の目の前がKinney Lakeです。

unadjustednonraw_thumb_52cc

 

朝食後、Kinney Lake を後に、徐々に高度を上げていきます。昨日は5kmで標高100m登りましたが、今日は、25kmの道のりで、標高600m登ります。

unadjustednonraw_thumb_52d4

 

いろんなところから、雪解け水が滝となって流れ落ちます。紅葉も始まっていてきれい。

unadjustednonraw_thumb_52f0

 

Mount Robson が見えてきました。登りは結構ハードでしたが、どんどん変わる景色が楽しいので全くきつくありません。

unadjustednonraw_thumb_52fb

 

ここまで登ってくれば、あとは平らな気持ちの良いコース5kmくらい歩けば今日の目的地です。前方にバーグ氷河がすでに見えていて、うきうき!

unadjustednonraw_thumb_530f

 

左手にバーグ・レイク(Berg Lake)とバーグ氷河(Berg Glacier)を見ながら進みます。ここの側にもBerg Lake Campground があります。ここも気持ちの良さそうなテントサイトでした。湖畔で昼寝している人もいました。気持ち良さそうー

unadjustednonraw_thumb_531e

 

今夜と明日の寝床、Robson Campground に到着です。

unadjustednonraw_thumb_5320

山の中のサイトと川辺のサイトがあり、好きなサイトにテントを張ります。

 

山の中のサイトは、屋根付きピクニックエリア、焚き火エリア、トイレに近くて便利そう。

でも私たちは、天気がいいので、見晴らしの良い川辺を選びました。

 

ピクニックエリアの側に水道もありましたが、恐らく、浄水などはせずに川の水をそのまま引っ張っているだけのような感じでした。私たちは、川の水を煮沸してから飲み水にしていました。アウトドア用の浄水器を使っている方も見かけたので、きれいに見えますが直接飲むのは避けた方いいと思います。

 

川に今夜のお酒を冷やして、近辺を散策します。あと、明日歩く予定のスノーバード・パス(Snowbird pass)の入り口を下見。

unadjustednonraw_thumb_5321

 

夕暮れ時、鹿の群れが食事をしながらテントのそばを通り過ぎます。

unadjustednonraw_thumb_532f

 

静かで大好きな時間。全部で8組くらいは宿泊者がいましたが、それぞれ快適な距離を置いて、大自然を楽しんでいました。

unadjustednonraw_thumb_533d

 

後編に続きます。

ロブソン・バーグ・トレイルをトレッキング 〜 後編

 

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS