【アメリカ西海岸レンタカー旅 10】イエローストーン2日目、Fairy Fall Trail と間欠泉。

July 12, 2015495 View

 

グランドサークルに引き続き、2度目のアメリカレンタカー旅は、ラスベガスからポートランドを目指して北上。期間は38日間。

 

ルートは、デスバレー国立公園 → ヨセミテ国立公園 → キングスキャニオン・セコイア国立公園 → 野外音楽フェス「High Sierra Music Festival 2015」 → ソルトレイクシティ →グランドティトン国立公園 → イエローストーン国立公園 → ポートランドに1週間滞在 → Route 101を南下 → ラスベガス でゴール。

 

イエローストーン国立公園2日目は、マディソン(Madison)とオールドフェイスフル(Old Faithful)の中間にトレイルヘッドがある、Fairy Fall Trail 歩き、午後はオールドフェイスフル周辺の観光に行きました。

 

大自然のトレイル、Fairy Fall Trail を歩く。

Fairy Fall Trail のトレイルヘッドを目指し、ファイアーホール川沿いを南に向かいます。

 

この朝もまた小さな渋滞の先には、悠々とバイソンが歩いていました。

 

 

ドライブ中からいい景色。高低差が全くない平らな場所に、真っ青な川が流れているのがなんだか不思議な光景。

 

駐車場に車を停めて、トレイルヘッドから3kmは自転車も通れる道を歩いて行きます。

イエローストーン国立公園には、車は通れないけど自転車なら通れる道も結構あり、そういう道の先にあるキャンプサイトなんかもあったので、自転車で来たら楽しいだろうな。

 

遠くでも温泉が吹き出していて、いろんな場所から煙が上がっています。すごくイエローストーンらしい光景。

 

自転車用のトレイルが終わり、人だけが歩けるトレイルになると温泉が湧いているところの近くを通ります。

他のトレッカーは誰もいなくて、なんだか映画の「In to the wild」みたいですごくワクワクしました。

 

トレイルヘッドからは片道6kmくらいでFairy Fall に到着です。
大自然の中に突然現れる感じが神秘的ないい感じの滝。

トレイルでは全然人を見かけなかったけれど、他のトレイルもあるので目的地のFairy Fall には10人くらいのトレッカーが休憩をしていました。

 

その後は来た道を帰ります。さっき温泉が湧き出してたところが、勢いよく温泉を吹き出していました。

イエローストーンに来るまであまり意識したことがなかったけれど、こう言った一定周期で水蒸気や熱湯を噴出する温泉のことを間欠泉(英語ではガイザー)と言うんだって。

間欠泉といえば、イエローストンやアイスランドが世界的に有名らしい。

 

駐車場まで戻り、川沿いにあったピクニックテーブルでタイカレーのお昼ごはん。

 

近くでは大きなバイソンがお昼寝中でした。

 

オールド・フェイスフルへ。

その後はイエローストーン国立公園内で一番有名な観光ポイント、オールド・フェイスフルエリアに向かいました。

 

ノリス・ガイザー・ベイズンに宿泊している私たちから見たら、オールド・フェイスフルは大都会。大駐車場の周りには、大きなホテルや、General Store、ツーリストインフォメーションや、ガソリンスタンドが立ち並びます。

イエローストーンの中で一番大きな町で、一番人が多いのが、オールド・フェイスフルエリアだと思う。

 

ツーリストインフォメーションでは間欠泉が何時に温泉を噴出するか、時間を確認することができます。General Storeのお酒コーナーには日本酒も置いてありました。

 

オールド・フェイスフル・ガイザー

イエローストーンで一番大きくて有名な間欠泉がオールド・フェイスフル・ガイザー(The Old Faithful Geyser)です。100年以上もの間、80分ごとに約4万リットルの熱水を40mもの高さにまで吹き上げているんだって。

 

時間になると、大勢の人がオールド・フェイスフル・ガイザーの周りを取り囲みます。インフォメーションに近い箇所には、ベンチも準備されています。「ラスベガスの噴水ショーとどっちがすごいかな」とふざけて話していたら、本当にショーにしか見えなくなってしまいました。

ちゃんとした自然のものなにね、見るための設備が整いすぎてて、人が多すぎて全然感動できなかったな。

 

アッパー・ガイザー・ベイスン

その後はオールド・フェイスフル・ガイザーの奥に広がる、アッパー・ガイザー・ベイスン(Upper Geyser Basin、上部間欠泉集中地域)を歩きました。

こちらも急に間欠泉が温泉を噴出したり、カラフルだったり大きな間欠泉だったりがあって不思議な光景ではあるんですが、トレイルが整備されすぎていて、人間に作り込まれている感じがして、なかなか気持ちを集中することが出来ませんでした。

 

アッパー・ガイザー・ベイスンを歩いていると遠くで、オールド・フェイスフル・ガイザーがまた温泉を噴出。遠くから見た方がまだいいかな。

 

ブラック・サンド・ベイスン

次に、オールド・フェイスフル・エリアのビジターセンターや宿泊施設からも近い、ブラック・サンド・ベイスン(Black Sand Basin)を見に行きました。

 

写真左がエメラルドプールで、ブラック・サンド・ベイスンの目玉。68度とほかのプールに比べて温度が低く、周囲だけじゃなくプールの中にも黄色い細菌や藻類が繁殖していて、そこに空の青い色が合わさって、美しいエメラルドグリーンに見えるんだって。

 

ここでも天邪鬼な私たちは、オールド・フェイスフル・ガイザーの時と同じ感想、、遊歩道があるだけで、なんだか見世物を見ている気持ちになってしまう。間欠泉が危ないから、遊歩道なしで見ることなんて出来ないのにね。最初に人の手の加わっていないトレイルを歩いてしまったのがよくなかったのかもしれないな。

 

ビスケット・ベイスン

写真左が、ビスケット・ベイスン(Biscuit basin)で一番の有名ながサファイヤ・プール。右がジュエル・ガイザーという間欠泉で、5分〜10分の間隔で頻繁に噴出しています。

綺麗、でも一個一個ガイドブックに名前が乗っているだけで、なんだか興味が薄れてしまうなー、、

 

この頃の私たちの会話は、夕飯に何を食べるか、という話題のみになっていました。笑

 

考え抜いた挙句の夕飯は、大切にとっておいたそばで、

 

天そば!

 

アメリカ西海岸レンタカー旅 11 に続く↓

【アメリカ西海岸レンタカー旅 11】イエローストーン3日目、美しい渓谷とウォッシュバーン山登山。

 

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS