サンペドロ・ラ・ラグーナでスペイン語学校に通う。

March 12, 20153,321 View

 

アンティグアでセマナサンタを見た後は、アンティグアよりも田舎で物価の安いサンペドロ・ラ・ラグーナで約3週間、ゆるゆるとスペイン語学校に通うことにしました。

 

サンペドロ・ラ・ラグーナってこんなところ。

サンペドロ・ラ・ラグーナは、世界一美しいと言われる、でも実際にはそんなに美しくないアティトラン湖の湖畔にある町です。

 

 

湖のそばには大小いくつかの町があるんだけど、サンペドロ・ラ・ラグーナは他の町に比べて、昔からバックパッカーや、ヒッピー風の外人が住み着く多国籍で、オープンな感じの町。

 

すごく小さくはあるけど、一応川沿いにメインストリートのようなものがあり、旅行会社やカフェ、売店なんかが並んでいます。

 

実際1ヶ月弱滞在したけれど、みんな外国人慣れしているし、物価も安く、生活する上で必要なものはなんでも揃っているし、のんびりしていて治安もよく、田舎好きな私たちにはすごくちょうどいいいい場所でした。

 

湖から離れる方向に行くと、観光客は減って地元の人たちが暮らすエリアになります。

 

町中にはなぜか、結構壁画がありました。グアテマラの他の町ではあんまり見られないと思うな。

 

通っていたスペイン語学校。

アンティグアほどではないけれど、サンペドロ・ラ・ラグーナにもたくさんのスペイン語学校があります。

 

私が通っていたのは、Language Hubというスペイン語学校。マンツーマンの授業で、15時間で420ケツァール(6,800円)というコースを2回の合計30時間通いました。1日2時間教えてもらって、土日はお休みして、約3週間。

 

夫は、町を歩いていた時に声をかけられ、ついて行った先にいたフリーの先生で、場所はヒッピー宿風の所の屋上。1時間25ケツァール(400円)でランダムな感じで同じ期間、授業を受けていました。

夫の先生も、Language Hub でスペイン語を教えていたこともあるけど、オーナーと意見が合わなくてやめちゃったんだって。

グアテマラシティ出身の見た目はヒッピーだけど、元々は学校で英語の先生をやっていたらしくて英語も上手だし、結構人気の先生だったみたい。

 

結果としては、マンツーマンでスペイン語を教えてもらえるのはすごく楽しかったし、簡単なことは伝えられるようになったので行って良かったです。

 

Language Hubでは、学校兼安宿になっているところの中庭の木陰で、ホワイトボードと机と椅子があるだけの場所が教室なので、学校らしくなくて気持ちよく勉強ができました。

英語を話さない年下の女の先生だったけど、熱心だし可愛くて優しかったです。コミュニケーションがスペイン語だけなのも、英語と混じったりしなくてよかったような気がします。

 

週に一回、有志でアクティビティをやっていてそれもゆるくて面白かったよ。

私が参加した1回目は郊外にある公園で、小学生の運動会のようなことをやって、

2回目は学校についてるキッチンで、グアテマラ料理(?)を作って、

3回目はサルサ教室でした。

 

1日にたったの2時間だけだから、スペイン語漬けになった感じは全然ないけど、家で自習をする時間もあるし授業で教わったことは全部覚えられるくらいの余裕があってよかったです。

あと1、2ヶ月習えたらよかったけど、これからも自習で少しずつ勉強してまた戻ってきたいな。

 

借りていた家。

サンペドロ滞在中に借りていたのは、写真真ん中に見える、丘の中腹に立つカラフルな一軒家です。

町の中心から西に1kmくらい行ったところで、隣町のサン・フアン・ラ・ラグーナとの中間地点くらいにあります。

 

家にたどり着くためには急な階段を登る必要があって大変だけど、中もカラフルで可愛らしい内装。

 

何より湖側の壁のほとんどが窓で、景色がいいところが良かった!

 

ワンルームで同じ部屋にベットがある感じだけど、将来家を持つならこのくらいでいいよね、と思う理想的なお家でした。

 

サンペドロ・ラ・ラグーナの中では、高級ホテルにあたるホテルマンの白人オーナーから、1日20USDで借りていました。多分サンペドロの宿泊費からしたら結構いい値段だと思うけど、またサンペドロに行くならここに滞在したい。

 

隣町のサン・フアン・ラ・ラグーナ。

サン・フアン・ラ・ラグーナは、NGOなどの援助も入って、染色・織物などの指導によりインディヘナの女性たちの自立を支援しているようで、町には小物や布製品を置いたお店がたくさん並んでいます。

 

糸は全部自然のもので染めているらしいよ。

 

私も、ポーチや、スカーフや、コースターなんかをいくつかお土産に買いました。

サンペドロ・ラ・ラグーナから、歩いても片道2kmくらいだし、地元の人たちのために走っているバスがわりのトラックやコテクティーボに乗って行くこともできます。

 

サン・フアン・ラ・ラグーナのもう少し先まで行くと湖だけれど、ビーチのようになっている箇所もあります。この辺まで来るとアティトラン湖の水もかなり綺麗だったよ。

サンペドロ・ラ・ラグーナの周辺が私たちツーリストのせいで汚れてしまっただけで、昔は本当に綺麗だったんだろうな。

この記事が気に入ったら
いいね!

SIMILAR POSTS